高田文夫、三遊亭円楽の「気が利く・面倒見の良い」人柄がよく分かるエピソード「何かあると楽太郎だな、やっぱりな」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年10月3日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家の高田文夫が、三遊亭円楽の「気が利く・面倒見の良い」人柄がよく分かるエピソードについて語っていた。

高田文夫:器用なんだよ、とにかく。

松本明子:面倒見が良くて。

高田文夫:面倒見がいい、世話焼きだしね。

松本明子:ええ。

高田文夫:本当に下町の良いおじちゃんだね。

松本明子:ええ。

高田文夫:それでさ、貧乏なんだよ、アイツん家。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:貧乏なんだけど、自分でバイトして大学行ったんだから。

松本明子:ああ、そうですね。

高田文夫:それで青学行って。おしゃれなんだよ、とにかく。当時から凄いおしゃれで。

松本明子:はい。

高田文夫:俺もちょっと生意気で、新しいの買うと、「それヴァンですか?ケントですか?俺もそれ買おう」なんつって。

松本明子:へぇ。

高田文夫:アイツ、本当におしゃれでさ、負けてないんだよ、日藝にさ。おしゃれなんだよ。

松本明子:へぇ。

高田文夫:それでさ、人がいいっていうかさ。何なんだろうなぁ、世話焼きっていうか、いっぱいあるんだよ、アイツに世話焼いてもらったの。

松本明子:うん。

高田文夫:だからさ、俺が30ぐらいかな、長男がまだ小学生で。小遊三の子供も小学生で。

松本明子:はい。

高田文夫:で、子供たち連れて釣り行ったりしてたんだよ。

松本明子:旅行に行かれたりとか。

高田文夫:言ってたろ。そしたら、フジテレビのサトちゃんいるだろ。サトちゃんの奥さんが、実家が館山で。「そうだサトちゃんの実家行こうぜ」って小遊三に言って。

松本明子:はい。

高田文夫:小遊三と、お互いにせ子供連れて行って。で、みんなで昼間からビール開けちゃってさ。

松本明子:はい。

高田文夫:で、飲んでたら、「どうする?この子供たち」って(笑)大人連中はもう飲んじゃって(笑)

松本明子:はい。

高田文夫:そしたらさ、向こうからツカツカって、短パンにTシャツ、カッコイイ颯爽とした楽ちゃんがさ、「はい、子供たち~今日はお兄ちゃんが遊んであげます」って。

松本明子:へぇ。

高田文夫:俺たち、「来て」も何も言ってないんだよ。そしたら、デッカイヨット。ヨットを友達と2人で借りて、「はい、乗って、乗って」って。

松本明子:へぇ。

高田文夫:一日乗っけてくれたの。

松本明子:へぇ。

高田文夫:ウチの子供と、小遊三の子供とサトちゃんの子供を乗せて、海を回っててくれたの。その頃、俺たち飲んじゃってて(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:「やっぱ楽ちゃんは助かるなぁ」なんつって(笑)「何かあると楽太郎だな、やっぱりな」って。

松本明子:へぇ。

高田文夫:そういうおしゃれなんだよ。気が利くっつうかさ、子供たちの面倒を見ててくれて。自前でだよ、デッカイヨット。それで3人乗せてくれて、一日遊んでくれたよ。

松本明子:凄いですね。

高田文夫:で、優しいんだよ、アイツね。本当にそう。

高田文夫、三遊亭円楽とは大学時代からの付き合いでお互いに予想外の進路を選ぶことになったと告白
2022年10月3日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家の高田文夫が、三遊亭円楽とは大学時代からの付き合いでお互いに予想外の進路を選ぶことになったと告白していた...
伊集院光、師匠・三遊亭円楽と無言の対面をする前日は眠れぬ夜を過ごしたと告白「いやぁ、一晩カービィやったね。すげぇ進んだ」
2022年10月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、師匠・三遊亭円楽と無言の対面をする前日は眠れぬ夜を過ごしたと告白していた。 伊集院光...
タイトルとURLをコピーしました