伊集院光、落語家修行中にニッポン放送でラジオDJとして活躍していることを師匠・三遊亭楽太郎に「自白」せざるを得なかった理由を告白

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年8月13日放送のTOKYO FMのラジオ番組『SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ』(毎週土 17:00-17:55)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語家修行中にニッポン放送でラジオDJとして活躍していることを師匠・三遊亭楽太郎に「自白」せざるを得なかった理由について語っていた。

伊集院光:(落語家・三遊亭楽大と、ラジオDJ・伊集院光の両立で)寝る暇もないですよ。

川島明:夜はラジオやし、ネタも作らなアカン(笑)

伊集院光:で、それも必ず師匠に何かウソの言い訳をして。「すみません、法事がありまして」みたいなこととか。

川島明:毎週法事(笑)

伊集院光:毎週、なんかありとあらゆるウソをついて出てって。

川島明:深夜に(笑)

伊集院光:で、ある日、とんでもないことが起きるんですよ。

川島明:ぶつかりますよね、ついには。

伊集院光:そのぶつかり方が、ラジオ凄い頑張ったんで、放送局がその月のステーションキャンペーンみたいなのの、メインパーソナリティーを「伊集院光でいこう」って言って。

川島明:ああ。

伊集院光:デカいポスターを放送局の入り口にバンバン張り始めるの。

川島明:この姿ですよね?

伊集院光:スーツを着て、オールバックで伊集院光。

川島明:うん。

伊集院光:で、時を同じくして、僕、鞄持ちの修行が終わって、次は二ツ目って位が上がって。

川島明:楽大は。

伊集院光:楽大を売り出そうって師匠が考えてくれるんです。

川島明:優しいですね。

伊集院光:で、手始めに「お前を連れて、放送局回りに行く」と。

川島明:参ったですね、これは。

伊集院光:そのラジオ局に俺を連れて行くことになるの。

川島明:うわぁ、伊集院光のホームに。

伊集院光:行くことになるんです。で、有楽町の駅から、歩いてる途中で「ヤベェ、入り口に俺のポスターが全部張ってある」っていう。

川島明:はっはっはっ(笑)伊集院光がお出迎えっていう状況。

伊集院光:で、「はじめまして」って勢いで行くんですけど、もう寸前ぐらいのところで「いや、実は師匠に報告の順番が遅れたんですけど、ラジオ局で使ってもらってまして」と。

川島明:自白したんですね?

伊集院光:自白して。事なきをっていうか、師匠はちょっとビックリするぐらい寛大で。

川島明:優しいなぁ。

伊集院光:そうなんですよ。「なんでもやってみた方がいいよ」って言って、やらせてくれて。

川島明:で、そのポスターを見ても、別に怒りはしなかった?

伊集院光:怒らなかった。薄々感づいてたのか。

川島明:毎週法事あったらね、それは(笑)

伊集院光:おかしいですからね。

伊集院光、落語家で三遊亭楽太郎(現 円楽)のカバン持ち時代だった頃のエピソードまとめ
伊集院光さんが、かつて落語家で、三遊亭楽太郎(現 円楽)師匠のカバン持ちを務めていた頃のエピソードをまとめてみました。 アイドル時代の柏原芳恵に会うも… 伊集院光:俺が17歳の時には…今、50のおっさんが、17歳の時に、ウチ...
伊集院光、師匠・三遊亭円楽は落語家時代に先代の円楽から「怒鳴られて」叱責されても盾となり弟子として守ってくれたと明かす
2022年7月14日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・伊集院光が、師匠・三遊亭円楽は落語家時代に先代の円楽から「怒鳴られて」叱責されても盾となり、弟子として守...
タイトルとURLをコピーしました