中居正広、「アイドルであり続ける」ことが難しく短命である理由「アイドルがキラキラしていて、見ている人の目もキラキラしていて…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年5月22日放送のテレビ東京系列の番組『中居正広のただただ話すダーケ』にて、タレントの中居正広が、「アイドルであり続ける」ことが難しく短命である理由について語っていた。

中居正広:アイドルってなんかね…これも皆さんから見ると特殊かもしれないね。

矢作兼:うん。

中居正広:アイドル。女優さんでもないし、歌手でもないし。役者さんでもないし、モデルさんでもないしっていう。

矢作兼:うん。

中居正広アイドルって…アイドル論みたいになっちゃうけど、未完成の人を応援するんですよ。

河北麻友子:はい、はい。

中居正広:出来上がってないんですよ。

矢作兼:ああ。

中居正広:出発って。しっかり踊れるかな、しっかり歌えてるかな。「あ、バラエティに出た」「お芝居も出た、頑張れてるかな」って。見てる人もね、キラキラした目で見てるの。

河北麻友子:うん。

中居正広:で、見られてるアイドルもキラキラしてるの。キラキラとキラキラがぶつかった時の明かりって、物凄いものを発してるんですよ。

矢作兼:うん。

中居正広その「現象」がアイドルだと思うんですね。

矢作兼:うん。

中居正広:このウソのような現象なんです。

矢作兼:へぇ。

中居正広:でもどっかでアイドルさんは、「キラキラなんかじゃない」って時期が来るんですよ。

矢作兼:なるほど。

中居正広:「ギラギラしてるんですよ、実は」っていうのを見せたくなるっていうか。だからそれが、不良っぽくなったりとか。ヒゲを伸ばしたりだとか。

矢作兼:ああ。

中居正広:って、なんかギラギラしてる。その時に、見てるキラキラしてる人が、「あれ?」って。夢から目が覚めてしまう瞬間で。だからその期間が3年なのか、4年なのかって。凄く短いんじゃないかなって思います。

尾上右近:めちゃくちゃ面白い話。

矢作兼:なるほど。

中居正広:どっちも夢を見てるのかな。キラキラしてる方も、夢を提供してるんだけども、立ってる人たちも夢を見てるんです、この現象に。

矢作兼:うん。

中居正広:で、見ている人たちもなんか夢を見てる。で、パンッて時に「…おお、なんだったんだろう」って。

矢作兼:夢を覚めさせない努力はしてるんですか?

中居正広:してるんだけども、夢って夢だから。現実じゃないから。

矢作兼:うん。

中居正広:長くは続かないから。だから、アイドルさんは難しいなって思います。キラキラを続けるべきなのか、一回リセットしてギラギラしてもいいのか。

矢作兼:うん。

中居正広:それが未完成だから。完成してしまった時に、パンッてなった瞬間かもしれないし。

矢作兼:ああ。

中居正広:だから、「彼女いません」「好きな食べ物は…」とか。なるべくそのキラキラとして保たなきゃいけないんだけど、そもそもそのキラキラっていうのが、保つことって物凄い難しいことだから。

矢作兼:年齢もね、あるし。

中居正広:「ヒゲも生えてきました、シワも増えてきました、髪の毛も少なくなってきました」って、キラキラされても、とか。

高岡早紀:うん。

中居正広:いや、でも続けなきゃいけないのかな、とか。そこは様々だと思うけど、難しいなぁって。アイドルの人たちはって思うね。

おぎやはぎ小木、中居正広が『ただただ話すダーケ』で熱いアイドル論を語っていた理由
2022年5月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの小木博明が、中居正広がテレビ東京系の番組『中居正広のただただ話すダーケ』で熱いアイドル論を語っていた理由につ...
東野幸治、中居正広が「ゴルフの時、まだアイドルらしく両手に手袋をしている」と発言したことで中居ファンを怒らせてしまい謝罪「本当に申し訳ございませんでした」
2021年1月10日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第98回にて、お笑い芸人・東野幸治が、中居正広が「ゴルフの時、まだアイドルらしく両手に手袋をしている」と発言したことで中居ファンを怒らせてしまい謝罪していた。 ...
タイトルとURLをコピーしました