神田松之丞、片岡仁左衛門との対談で「立川談春のようにいきなりかまして」こられたため「弟子がピリつく」質問をしてみたと告白

2019年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田松之丞が、片岡仁左衛門との対談で「立川談春のようにいきなりかまして」こられたため「弟子がピリつく」質問をしてみたと告白していた。

神田松之丞:まずね、(片岡)仁左衛門さんがかましてきたのが、「この仕事引き受けた時は元気だったんですけどね、ちょっと今日、疲れ果ててまして、申し訳ございません」って、いきなりかましてきたの。

そんなこと言う必要ないじゃん。談春立川みたいな感じなの。「俺の席はどこだ、この野郎」って言いながら入ってくる感じの(笑)

怖いなぁって思いながら。仁左衛門さんは京都の方だから。はんなりされてるから。柔らかく「これ、かましてきたな」って。これ、ちょっとかまそうと思って、俺も。向こうもかましてきたから。

「でも、あれですよね」って、アホなふりして。アホなんだけど。「仁左衛門さんぐらいの役者ってなると、チームプレーでやりますから。僕らピン芸ですけど。ひょっとして仁左衛門さんクラスになると、もうほかの役者とやってて、『ああ、コイツとやっても上手くいかねぇな』って、『コイツと噛み合わねぇな』みたいなことって、やっぱあるんですかね?」って言ったの。

そしたら、(雑誌)ミセスの司会の人が「よくそんなことニザ様に訊けますね」みたいな感じしながら。他にも仁左衛門の弟子とかもピリピリしてんのよ。あとはお付きの番頭さんとかも。

それに対して、仁左衛門さんなんて言ったか…「はっはっはっ(笑)…あります」って(笑)「あるんだ」って思って(笑)全然はんなりしてないって思って(笑)

「ありますなぁ、そういうこともなぁ」みたいな。



神田松之丞 問わず語りの松之丞

本日の人気記事