神田松之丞、人間国宝・片岡仁左衛門に「歌舞伎役者の口上って、なんであんなつまんないんですかね」と言って「急にピリついた」と告白

2019年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田松之丞が、人間国宝の歌舞伎役者・片岡仁左衛門との対談で、「歌舞伎役者の口上って、なんであんなつまんないんですかね」と言い放ったと告白していた。

神田松之丞:(対談も)盛り上がってきたからさぁ、俺もさぁ、そこでもっと、仁左衛門さんが喜ぶようなこと言えばいいじゃん。

そこで俺が言ったセリフが、「でも、あの歌舞伎役者の口上って、なんであんなつまんないんですかね」って言ったの(笑)急にピリッとしちゃって(笑)

「あれ、なんであんな全然面白くないことで歌舞伎のファンって、バカみたいに笑うんですかね」みたいな。「いやぁ…それは、役者に問題がありますなぁ」って(笑)

それ、話していくにつれね、なんかさぁ、別に俺に本音なんかを言わないわけよ、それは。京都の方だから。だから、本音を言っている体(てい)なんだけど、そうじゃないみたいな感じもちょっとあったりして。

だから、なんかこう落語ファンに例えるとなんて言ったらいいのかなぁ。愛想のいい小三治みたいな感じなんだよね。小三治師匠も人間国宝で、大変になんて言ったらいいのかなぁ…まぁ、ちょっとこう難しい性格の方じゃない。

シゲフジ、言い過ぎだよそれは。人間国宝の柳家小三治師匠が、この令和の時代に生きてるってだけで、立派な方じゃない。立派な方ですよ。前座に着物畳ませないで、自分の弟子の真打ちに畳ませてるとか、立派な方じゃない。

もうその名を挙げた、一枚看板の三三師匠とかにDVDを売らせてんのとかも、立派な、立派な姿なんですよ、それは(笑)



神田松之丞 問わず語りの松之丞

本日の人気記事