放送作家・高須光聖、『水曜日のダウンタウン』のおぼん・こぼん企画は続編が現在も進行中であると明かす「ちゃんと仲直りするまでは続きます」

2019年9月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・高須光聖が、TBS系の番組『水曜日のダウンタウン』のおぼん・こぼん企画は続編が現在も進行中であり、「ちゃんと仲直りするまでは続きます」と明かしていた。

高須光聖:大昔は、仲良かったって聞いてたんですけど。

高田文夫:昔、タップ踏んでる頃だろ?

高須光聖:タップ踏んでる頃です(笑)

高田文夫:大阪から、こっち来た頃な。「天才少年」って言われてたんだよ。

高須光聖:はい。

高田文夫:俺と同い年ぐらいなんだよ。

高須光聖:ああ。

高田文夫:あの頃、「天才少年」って言われたんだよ、あの2人。

高須光聖:スタ誕とかで。

高田文夫:そう、そう。お笑いスタ誕で出てきてさ。コルドンブルーでな。

高須光聖:はい(笑)

高田文夫:井原高忠さんの下でさ。

高須光聖:はい(笑)

高田文夫:とんねるずと一緒によ。みんな苦労してんだよ、お前(笑)

高須光聖:ふふ(笑)

高田文夫:そこへナイツが今ね。

高須光聖:そうなんですよ。

高田文夫:あれが面白いんだよ。仲悪いと。

高須光聖:なんとかしたいなって。

高田文夫:よくテレビ化したよ。

高須光聖:あ、そうですか。ありがとうございます。娘さん同士もコンビ組まれてたんですよね。

高田文夫:やってた。あれ失敗したんだよ。

高須光聖:はっはっはっ(笑)失敗した(笑)

高田文夫:やったんだよ。よく知ってんね。

高須光聖:そこも僕らはイジろうとしてるんですけど(笑)

高田文夫:悪い奴だなぁ、お前らも(笑)

高須光聖:そこもナイツとやらせてもらえたらいいな、と思いながら。まだ進んでますから。

高田文夫:続く?続くわけね。

高須光聖:もちろんです。ちゃんと仲直りするまでは。

高田文夫:おぼんこぼんのストーリーは続くわけね。

高須光聖:はい(笑)

高田文夫:偉いよ。あれをテレビで取り上げたっていうのは。小さい世界の楽屋内の話だからね。

高須光聖:はい。

高田文夫:それをあんなふうにオープンにしてさ、爆笑にしちゃったからさ(笑)ビックリしたわ。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事