ノンスタ石田、インディアンスは反則に近い「M-1モラルを逸脱」してまで2021年で優勝を狙っていたと指摘

2021年12月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、インディアンスは反則に近い「M-1モラルを逸脱」してまで2021年で優勝を狙っていたと指摘していた。

石田明:インディアンスも今回、本気やったと思うんで。

岡村隆史:うん。

石田明:やはり、ウケやすいボケをいっぱい入れて。

岡村隆史:放りこんで?

石田明:放りこんでたんで。

岡村隆史:ホンマにとりに行くぞ、と。

石田明:そうですね。あとはやっぱりボケ終わりの音、みたいな。「ボケ終わったよ」みたいな音とか、顔とかを分かりやすくしてたんで。

岡村隆史:ああ。

石田明:はい。やはりそれが、お客さんからすると、笑いやすいポイントですね。

岡村隆史:なるほど。「ボケました、終わりました」っていう。

石田明:分かりやすいです。

岡村隆史:「ここまで」っていう。

石田明:はい、そうですね。

矢部浩之:インディアンス、「もうやめて」って今、聞いてたら思ってるよ(笑)

石田明:はっはっはっ(笑)

矢部浩之:「恥ずかしいです」って(笑)

石田明:インディアンス、ホンマにとりたくて。

岡村隆史:うん。

石田明:だから、実は決勝の決勝は、漫才モラルを逸脱してるところもあるんですよ。

岡村隆史:ああ、モラルを?

石田明:たとえば、「もう中」を出した、みたいな。

岡村隆史:うん、うん。

石田明:ああいうのなんて、やっぱりM-1愛ある人たちからすると、「あれちょっとなしじゃない」みたいなのあるんですけど。

岡村隆史:うん。

石田明:でも、これはもう確信犯なんですよ。

岡村隆史:うん。

石田明:「NON STYLEもリップクリームを使った」みたいなの、あれも確信犯なんですよ。そこからはみ出してでも、「今年とりたかった」っていう。

矢部浩之:なるほど。気持ちが出たんや?

石田明:はい。「ごめんなさい、反則してでも優勝したかった」って。ウケでしかとれないっていうのが、僕らみたいなタイプはあるんで。

岡村隆史:へぇ。

石田明:「言われるのは覚悟してます。でも、行きたかったです」っていう。

矢部浩之:ふふ(笑)

岡村隆史:そこまでの覚悟を持ってやるわけやからな。

石田明:挑んだんやと思いますね。



ナイナイのANN

本日の人気記事