ナイツ塙、『エンタの神様』での漫才収録で「やりづらいなぁ」と思っていたことがあったと告白

2021年12月15日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、『エンタの神様』での漫才収録で「やりづらいなぁ」と思っていたことがあったと告白していた。

塙宣之:俺、『エンタの神様』の時に…今はどうか分かんないんだけど、モーゼみたいに、真ん中が空いてて。

土屋伸之:カメラのスペースがあってね、真ん中に。

塙宣之:カメラのスペースがあって。カメラが真ん中にドーンとあって。

安藤なつ:うん。

塙宣之:で、お客さんがその間に、横と横にいるのね。

安藤なつ:ああ。

塙宣之:だから、ナイツの漫才って、まずは真正面に向かって、「調べました」って漫才だったから。

土屋伸之:うん。

塙宣之:どこ見ていいか分かんないから。

安藤なつ:うん。

塙宣之:俺、ずっとカメラ見てやってたのね。

安藤なつ:ああ。

塙宣之:お客さんっていうか、視聴者みたいな感じで。

安藤なつ:はい。

塙宣之:でも、なんかそれが段々、恥ずかしくなってきちゃって。カメラ見ていいのか、どこ見ていいのか分かんなくなってきちゃって。

安藤なつ:はっはっはっ(笑)

土屋伸之:カメラ目線の漫才ってあんまないよね(笑)

塙宣之:ないじゃん。だけど、どこに目を合わせていいのか分からない。お客さんがいないから。

安藤なつ:うん。

塙宣之:あれはやりづらかったからなぁ。



ナイツ ザ・ラジオショー

本日の人気記事