大泉洋、映画『浅草キッド』のオールアップ日に劇団ひとり監督から「大泉さんがいなくなったら、僕、現場で誰と話せばいいんですか」と言われたと明かす

2021年12月13日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、俳優・大泉洋が、映画『浅草キッド』のオールアップ日に劇団ひとり監督から「大泉さんがいなくなったら、僕、現場で誰と話せばいいんですか」と言われたと明かしていた。

大泉洋:(劇団ひとりは撮影現場でボケるようなことは)全くないですね。

塙宣之:あ、ひとり監督は?

大泉洋:ええ、ないです。もうちょっとそういうことすりゃあいいのにって思うけど。

土屋伸之:はっはっはっ(笑)そう思ってたんですか?

塙宣之:厳しいんですか?

大泉洋:厳しいよね。

土屋伸之:『青天の霹靂』の時から、ああいう感じですか?

大泉洋:そうですね。

土屋伸之:へぇ。

大泉洋:あの方も、やっぱり人見知りなんですよね。

土屋伸之:うん、うん。

大泉洋:だから、なんかこう僕がいると、わりとちょっと僕をイジったりして、遊んではくれるんですよ。

土屋伸之:うん。

大泉洋:だけど、僕がいないと、心を許して遊べる人も、アイツ…あの人、いないらしくて。

塙宣之:ふふ(笑)

大泉洋:僕の撮影の最後の日に、ついに言ったんですよ。

塙宣之:ええ。

大泉洋:「大泉さん、今日で終わりですか?僕、寂しいですよ」って(笑)

塙宣之:ふふ(笑)

大泉洋:「僕、現場で誰と話せばいいんですか」って(笑)

塙宣之:いないんですか、助監督の人とか(笑)

大泉洋:心を開けないんですった(笑)

塙宣之:カメラマンさんとか、いないんですか(笑)

大泉洋:見てても、みんな言ってたの。「監督、本当大泉さんといる日は楽しそうです」って(笑)

土屋伸之:はっはっはっ(笑)

大泉洋:それで、俺がいる時は、色々イジって遊んでたんですけどね。



ナイツ ザ・ラジオショー

本日の人気記事