東野幸治、元・乃木坂46松村沙友理が「女優に向いている」と太鼓判を押す理由「ある時、ふと気づいたんですよ…」

2021年12月3日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、元・乃木坂46松村沙友理が「女優に向いている」と太鼓判を押す理由について語っていた。

東野幸治:松村沙友理さんは、女優さん向いてますよ。感受性豊かやから。

昔、吉本坂っていうのがテレ東で、秋元さんがアイドル作るって。で、それのファーストシーズンを、俺と松村さん、さゆりんごでVTRを見るっていう番組をやらしていただいてて、1年間ぐらい。

1次審査、2次審査、3次審査、決勝って。で、デビュー曲はこんな感じ、みたいなところの時で。ちょうど、さゆりんご自身も乃木坂で一番忙しい時で、ヘロヘロな時なんですよ。

で、やってる内に、あの子アニメ好きやから、色々アニメ教えてもらって、どのアニメ面白いとかっていう。交流を持ったりしてたんですけど。

で、ある時、ふと気づいたんですよ。あまりにも疲れてヘロヘロやから。でも、今が忙しい時やし、頑張らなアカンと思うし、見てる人は見てると思うしって喋ってたら、みるみる内に、そんな気なかったんですけど、さゆりんごの目がね、うるみ出したんですよ。

ギリギリの状態やし、俺もこっちもピーンときて、「あ、これ泣かせるな」と思って。「頑張れよ」って、頭をヨシヨシしたんですよ。ほんなら号泣してね(笑)それからというものね、笑い欲しいなって思ったらね、頭ヨシヨシするんですよ(笑)

「お前、頑張ってるな」とか。「見てる人は見てるしな、応援してるで」って(笑)「ヨシヨシ」って言うたら、もううるうるって泣くような体に仕立て上げたんですよ(笑)

でも、この子入りやすいから、感情移入、すぐスイッチ入れれるから女優向いてると思うんですよ。

だから、どんどん、どんどん色んな作品出て、大女優になって欲しいと思います。…あ、ゲストに呼んで欲しいって声も?いいですよ、さゆりんご。また来ていただいて、ちょっとね、泣かしますよ(笑)号泣です。宣言します(笑)

『あしたのジョー』の「1ラウンド…いや、1分」(笑)泣かします。オープニング1分でヨシヨシって号泣で。あとは嗚咽の1時間にさせます(笑)



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事