明石家さんま、勝地涼が前田敦子との離婚を自らネタにしてオチまでつけていたことに驚き「役者がそんな持ちネタアカンで」

2021年11月20日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、勝地涼が前田敦子との離婚を自らネタにしてオチまでつけていたことに驚いていた。

明石家さんま:菅田将暉君が結婚するっていうので。

河井ゆずる:はい。

明石家さんま:ただ、菅田君から前日に連絡いただいたんですけど。

横山玲奈:うん。

明石家さんま:それはまぁ、物凄い親しいからというわけでもなく。

河井ゆずる:はい。

明石家さんま:『行列』SPで、役者4人と俺、vsみたいな企画があって。

河井ゆずる:はい。

明石家さんま:誰の言葉が一番カッコイイでしょうとかっていう。

河井ゆずる:ああ、はいはい。なるほど。

明石家さんま:そこで、勝地涼が「さんまさんに祝儀いただいて『喜んでるけど4年経ってから偉そうに言え』って言われたんです」と。

河井ゆずる:なるほど。

明石家さんま:「そしたら、僕、4年って言われたんですけど、2年でした」ってオチつけて、「役者がそんな持ちネタアカンで」って話をしてたですけども(笑)

河井ゆずる:はっはっはっ(笑)たしかにね、そんなタイプの面白い話、別に役者さんしなくていいですもんね(笑)

明石家さんま:しなくてエエねん(笑)うつむいて、「すみません」でエエねんけども(笑)

河井ゆずる:ふふ(笑)

明石家さんま:最近の若い奴はバラエティ大好きでいてくれて。

河井ゆずる:そうですね、たしかに。

明石家さんま:出るために色々研究したり、勉強したりしてくれてる世代になって。その代表が菅田やね。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事