山里亮太、マッコイ斉藤の東京流のスパルタ演出に大阪芸人たちが震え上がって「僕たち、大阪で頑張ります」と宣言したと明かす

2021年11月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、マッコイ斉藤の東京流のスパルタ演出に大阪芸人たちが震え上がって「僕たち、大阪で頑張ります」と宣言したと明かしていた。

山里亮太:東京でずっとやってた吉本のマネージャーさんが大阪にきた時があったのね。昔、何年前だっけかな。俺もM-1出て…俺はM-1出て2005~6年ぐらいだったかな。

その東京から来た吉本の社員さんが、大阪のその番組の現状を見て、「このままだと、大阪の子たちは、厳しい、ハードなロケをあんまり体験せずに売れて東京行った時に、ちょっと出遅れても可哀想だな」っていうことから、東京のゴリッゴリの激ハードなロケをさせるでおなじみの総合演出の人に頼んで、大阪の若手芸人を使って、そういうのをやってくださいって言ってやってもらったってぐらい、大阪ってハードロケなかったのよ。

その時に、そこに出てた芸人さんが震え上がったらしいのよ。「東京に行くと、こんなことするんですか?」っていう。聞いたのが、もうね、初めてその人が大阪の若手会にヘビを持ち込んだのよ(笑)

で、みんな震え上がったのは、「ヘビの噛まれ方を、あんなに怒って言う人に会ったことがない」と(笑)で、ある先輩芸人さんが、「うわぁ、ヘビだ!」って逃げたんだって。

そしたら、「バカ野郎、止めろカメラ」って言って、「なんでヘビ見て逃げてんだよ、お前」って。「え?」「ヘビ見たら、つかみに行けよ」って。「いや、でも…」「つかめ、バカ」っつって。

で、その先輩が山育ちで、親とかがヘビをつかまえるのを見たことがあって。「たしかそうだな」って、首のところを持ったら安全だって、そうしたら「止めろ、バカ野郎」って。「首持ったら噛めねぇだろ!ヘビの気持ち考えろ、この野郎!」って怒られて(笑)

「尻尾の方を持って、ヘビに自由与えて噛んでもらえ、バカ!」って(笑)「え?え?…はい」って。もうヘビよりこの人が怖いってなって(笑)

で、先輩が手を噛んでもらおうとしただけど、「止めろ、バカ…遠いだろ、明らかに。顔から遠いだろ?」って。で、顔に近づけてヘビがシャーッてめがけてきたから、反射的に避けたんだって。

そしたら「止めろ」って。「お前、ヘビどんだけおいしいパスくれたか。鼻いかせろよ、鼻カプッていかせろよ」って(笑)

それ、社員さんも総合演出の人も愛なのよ。これが東京の激辛バラエティと戦うための愛のムチ。結果、その大阪の若手の人たちは、最後、キラキラした目で言ってきたらしいよ。「僕たち、大阪で頑張ります」って(笑)

おぎやはぎ小木、とんねるず石橋貴明のYouTube動画でのロケ出演オファーを拒否「行くわけないだろ、そんなの。今年引退する奴と」と発言

ナイツ塙、とんねるずが自宅に来て行われたロケで「ヘビを放つ」「大音量のバズーカ砲を撃つ」といったことをされて「やっぱり頭がおかしいだよね、とんねるず」



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事