オードリー若林、『アメトーーク』『IPPONグランプリ』に出演していた30代前半の自分を見て「この子、大したもんだな」と思った理由

2021年10月30日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『アメトーーク』『IPPONグランプリ』に出演していた30代前半の自分を見て「この子、大したもんだな」と思った理由について語っていた。

若林正恭:俺は、自分で言うのも申し訳ないけど…

春日俊彰:うん。

若林正恭:30とか31で出た『アメトーーク』とか、『IPPONグランプリ』DVDでいただいて、たまに見ると。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「この子、大したもんだな」って思う。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)ああ、そう(笑)

若林正恭:うん(笑)今の俺より、いいんじゃないかって。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:思うもん。

春日俊彰:ああ、そう。

若林正恭:人見知り芸人とか、じゃない方芸人の『アメトーーク』出たの、30歳とかで。

春日俊彰:ああ、大分前でしょ。

若林正恭:「この子、いいね」って思うもん。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:今じゃできないなって思う。

春日俊彰:それは分析できてるわけ?理由は。

若林正恭:急がないよね、落とすまで。

春日俊彰:ああ、昔は?

若林正恭:『アメトーーク』でも、ちゃんとしっかり焦らない、若いのに。

春日俊彰:ほう。

若林正恭:で、引きつける、振りで。

春日俊彰:なるへそ。ちゃんと引きつけてから、ストンと落とすみたいな?

若林正恭:短い言葉で。「ああ、大したもんだわ」って言ってるもん。

春日俊彰:それはなんで今、できなくなっちゃったの?

若林正恭:慌ててるから。

春日俊彰:なんで慌てるのよ(笑)それはおかしいじゃん。その頃ね、慌ててないんだったら…

若林正恭:いや、恐ろしいよ。31の時とかの『IPPONグランプリ』も。

春日俊彰:ほう。

若林正恭:だから、俺なんかが戦えるわけないって思って行ってるからだろうね。

春日俊彰:なるへそ、チャレンジャー、挑戦者的な?

若林正恭:もう、挑戦者も挑戦者。年代が、並びが違うじゃん、もう。

春日俊彰:もうそうだね。

若林正恭:フリップ出す時も、ちょっと抜いた感じ出だしたりしてんのよ。「すげぇな、コイツ」って思うもん。

春日俊彰:たしかにね。「若林どんなもんじゃい」って状況なわけでしょ?

若林正恭:だから、できなくてもいいって思ってるんだろうね、その頃は。

春日俊彰:なるへそ、背伸びしてないわけだ。

若林正恭:うん。

春日俊彰:綺麗にやろうとしてないってわけね。

若林正恭:だって、ダメで元々じゃん。

春日俊彰:元のところに戻るだけだもんね。

若林正恭:そう、そう。今は手が震えちゃって(笑)

春日俊彰:ああ、よくない年数の重ね方したんだね(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:そんなことってあんのかな。アスリートだったらまだ分かるけど。

若林正恭:だから、舞台数だろうな。

春日俊彰:なるへそ。

若林正恭:大喜利とかライブで毎日やってるのと、久しぶりにやるってことと。

春日俊彰:ああ、そういうことか。

若林正恭:大体、ルール説明してるからじゃない?毎日(笑)

春日俊彰:ルール説明はその頃より上手いでしょうけどね(笑)

オードリー若林、『アメトーーク』がブレイクのきっかけとなったと感謝「人見知り芸人がなかったら、今のようなテレビ出演はなかった」

オードリー若林、『アメトーーク』で雨上がり・蛍原に「司会として世間に評価されていない」と言い放ったことを責められて弁明「凄いなって俺は思ってるのに…」



オードリーのANN

本日の人気記事