オードリー若林、春日の成長により『黄金伝説』の時のような「スベった後の一言」を用意しなくなったと告白「用意してないから、『スクール革命』とかでも」

2021年10月30日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、春日の成長により『黄金伝説』の時のような「スベった後の一言」を用意しなくなったと告白していた。

若林正恭:春日は面白くなってるもんね。前はつまんなかったもん。

春日俊彰:つまんなかった。

若林正恭:俺、『黄金伝説』のスタジオでレギュラーの時とか、絶対スベるから、その一言だけ、凄い用意してたもん。

春日俊彰:ああ、私が言って、スベった後の一言?

若林正恭:うん。でも、今、俺は用意してないから。

春日俊彰:ああ、ありがたいじゃない。

若林正恭:『スクール革命』とかでも。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:だから、自分じゃ分かんないの。2000何年に何があってって…

春日俊彰:うん。

若林正恭:スベるの怖がってる人のムーブだよね、昔のVは。

春日俊彰:うん。

若林正恭:『ヒルナンデス』も。

春日俊彰:うん、うん。なんか一人でパニックになっちゃってる、みたいなね。

若林正恭:そう。で、スベらないようにしてんのがちょっとキツい感じ。

春日俊彰:キツいなぁ。

若林正恭:いつからなんだろうなぁ。

春日俊彰:分からないけど、前のVを見ると「キツイなぁ」って思うよね(笑)

若林正恭:ふふ(笑)

オードリー若林、『黄金伝説』のスタジオ収録でVTRを見ている間にネタ作りをしていてメモしているところを「SHELLYに見つかった」と告白

オードリー若林、『黄金伝説』の過酷ロケで追い詰められた春日が「そんなことするなんて…」と思った行動をとっていたと明かす



オードリーのANN

本日の人気記事