ケンドーコバヤシ、バイきんぐ小峠に西村を小バカにする発言をしたところ意外な一言を言われて「不意打ちで俺、感動してしまった」と告白

2021年10月23日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、バイきんぐ・小峠英二に西村瑞樹を小バカにする発言をしたところ、意外な一言を言われて「不意打ちで俺、感動してしまった」と告白していた。

ケンドーコバヤシ:最近ではね、お笑いコンビは仲良くなければならない、みたいな。そっちの方がいいみたいな話を聞いてて。

でも、なかなかそんな風にまだ見せてないコンビも意外といるというか。バイきんぐなんかね、小峠がずっと西村をバカにしまくるみたいな。

で、この間、小峠と二人でロケして。「小峠さんと何かしたいことあります?」言うて。小峠が西村側のキャンプの達人なんで、そういうアウトドア一切避けてる、みたいなんで。ちょっとイタズラで、「じゃあ、小峠とバーベキューでもしますわ」って言うて、いやいや連れて行く、みたいなロケやったんですけど。

結果、2人ともあんまり経験ないで、火を起こすんとかだいぶ時間かかって。で、そこで火を起こして、肉焼いて「最高やな」みたいな話になった時に、俺がね、思わず言うたんですよ。「もう俺ら、今日で西村超えたな」って言ったら、小峠が「アイツ舐めんじゃねぇよ」って。

「西村だったら、こんなもん、俺たちで1時間かかってるのを15分でやってるよ」言うてて。不意打ちで俺、ちょっと俺、感動してしまうっていう。キャンプファイヤーの威力もあってか、と。

これこれ、と。表面では仲悪く見せてて、本当は仲いい。これが一番いいぞって思いましたね。あと、俺が年とったのか、そんなことでマジで感動してしまうっていうね。



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事