東野幸治、カトパンの話をメイク室で盗み聞きしているのがついに本人の耳に入ってしまったと明かす「うわ、バレた」

2021年10月1日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、カトパンの話をメイク室で盗み聞きしているのがついに本人の耳に入ってしまったと明かしていた。

東野幸治:仲野太賀君に会いまして。仲野太賀君、『行列』の時に会って。ほんで、言おうかなって思ったら、先にやってきて。「ラジオ、聞かせてもらいました」って言われて。

「え?」って。どっかから噂を聞いて、僕が仲野太賀君の作品をひたすら見てるっていうのを聞いたみたいで。「もしもタイミングが合えば、またホンモノラジオ来てください」みたいな。「ぜひぜひ」みたいな話もしました。

ほんで、カトパン。月曜のドッキリの収録でメイクしてたら、ちょうど時間がカトパンのニュースの時の時間が一緒やって。で、メイクしていつもカトパンの横で盗み聞きするっていう気持ち悪いタレントでね(笑)

そういう作戦でやってたんですよ(笑)メイクしながら、大事なことをメイクさんと喋らへんかなって(笑)ほんなら、バッと急に振り返って、「あの…」って言いづらそうにして。

「タコのドキュメンタリー、見ていただけたんですか?」って。「え?!」ってなって(笑)「うわ、バレた」って思って(笑)

で、聞けばまだ、ラジオは聞いてないけど、まわり回ってメイクさんに「Netflixでタコのドキュメンタリーが面白いんだよ」って言うのを俺が盗み聞きして、それ見てめちゃめちゃオモロかったって言うた話を聞いたみたいで。

で、その言うてたメイクさんと同じメイクさんやったんですよ。で、なんとそのカトパンが一生懸命、メイクさんに「タコのドキュメンタリー面白かったですよ」って言ったメイクさんは、見てなかったんですよ。

盗み聞きして、素知らぬ顔をしてメイクしてた俺が見て(笑)…っていうのはバレてん、本当に(笑)申し訳ございません(笑)



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事