ハライチ岩井、エッセイ『どうやら僕の日常生活はまちがっている』の重版ごとに帯を変える企画をファンビジネスと批判「特典違いのCDを積ますみたいなことはさせたくない」

2021年9月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ハライチのターン』(毎週木 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が、エッセイ『どうやら僕の日常生活はまちがっている』の重版ごとに帯を変える企画をファンビジネスと批判していた。

岩井勇気:本の帯ってあるじゃん。あれの総選挙みたいのをやってんだよ。

澤部佑:うん、うん。

岩井勇気:それっていうのが、帯を重版されるごとに、また新しく何刷りってなるごとに、帯を変えよう、と。

澤部佑:ああ。

岩井勇気:その帯で、新しい帯でやって欲しいことをツイッターで募集して、みんなが案を出してくれて、その中からネット投票で、やって欲しい帯を決めよう、と。

澤部佑:やるね、色々。

岩井勇気:投票された写真、猫との写真とか。

澤部佑:うん。

岩井勇気:あと、ショートエッセイ書いて欲しいですとか、そういうのがあってさ。

澤部佑:うん。

岩井勇気:でも帯なんてさ、興味ある?いや、ないよね。

澤部佑:まぁまぁ、そんなないかな。

岩井勇気:いや、ないよね。本当に本好きな人しか興味ないだろうし。

澤部佑:うん、帯で買おう、みたいなね。

岩井勇気:帯が変わって、もう一個その帯の本を買おうなんていうさ…

澤部佑:そこまではね。

岩井勇気:そんな人なんて、俺の濃いファンしかいないじゃん。

澤部佑:岩井の顔ファンぐらいで(笑)

岩井勇気:とか(笑)別に俺は、顔ファンいいと思ってんだけど。濃いファンしかいなからさ。

澤部佑:うん、そうね。

岩井勇気:だから、エッセイなんて一冊ありゃいいじゃん。内容を見ればいいんだから。

澤部佑:そうだよ。

岩井勇気:だから、特典違いのCDを積ます、みたいなことはさせたくないの、あんまり。

澤部佑:うん。

岩井勇気:だから、そういうことをずっとしてこなかったし。ファンビジネスみたいなやつ、やってないじゃん。

澤部佑:ふふ(笑)

岩井勇気:よりやってない芸人じゃん、ハライチなんて。だから、その企画自体を面白いと思ってくれて、1冊買ってみようかなって人がいればいいかなって。



ハライチのターン

本日の人気記事