山里亮太、NMB48のオーディション番組で「数年後にセンターになる」と推した女性が「数ヶ月後にキスプリクラ流出でやめた」と告白

2021年9月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、NMB48のオーディション番組で「数年後にセンターになる」と推した女性が「数ヶ月後にキスプリクラ流出でやめた」と告白していた。

山里亮太:オーディション(Paraviで配信中の『山里ゼミナール』で)としてやればやるほど、みちょぱが異常に凄いってことに気づくのよ。

一応、敵として、みちょぱのことを仮想敵としてやって、みんなが色々喋ってくれるんだけどさ、凄いのよ、差が。それはしょうがないよ、みんな芸能ほとんどやってない子たちだから。

でも…その子たちを森田と一緒にオーディションやったんだけど。オーディションで、選ぶじゃない。で、落ちた人たちを…俺、オーディションで選ぶ立場になるの久しぶりだから。

昔、なんかNMBの番組で審査員みたいなのをやらせてもらって。で、俺が選んだ子は、本当に速攻プリクラが流出してやめちゃったんですけど(笑)

そう、凄い見る目がなくて。運営の方から、「ファンの目を信じたいから」って、「山ちゃんも一人選んでいいよ」って言うから、ツインテールの子、「この子ですかね。この子、凄い感じるんです。数年後、ど真ん中で歌ってる感じあるんです」って言ったら、数ヶ月後にキスプリクラが流出しちゃって(笑)

それ以来のオーディションだからさ(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事