伊集院光、BPOが「苦痛を笑いのネタにする番組を審議」したことでトム・ブラウンやカミナリのドツキ漫才をどう判断するのか疑問「苦痛に思ってるって、凄く複雑」

2021年8月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、BPOが「苦痛を笑いのネタにする番組を審議」したことでトム・ブラウンやカミナリのドツキ漫才をどう判断するのか疑問に思うと語っていた。

伊集院光:「これは苦痛を笑ってる」とか、「これは苦痛を伴ってる」みたいなことがさ、外側から審査されていくわけじゃんか。

トム・ブラウンの布川君がみちお君をあそこまで行くけど、何が面白いって、みちお君はなんとも思ってないじゃんか。「キィエエエ~」って蹴ろうが、「ダメ~」って言って頭を叩こうが。普通の人が受けたら首ポッキリいっちゃうんじゃねぇかぐらいまで行ったところで、みちお君は「合体」をやめないじゃん。

あれは、みちお君が苦痛なのかどうか、もう誰にも分からない(笑)もう、みちお君にどれぐらい効いてるのかっていうと、俺からしてみると、本当に頭撫でられたぐらいに思ってんじゃねぇかっていう、2人の仲の良さなわけ。

そうするとさ、あれを見てダメっていうのもちょっとおかしい。ダメ~っていうのも…今、ちょっと拾い食いをしたけども(笑)もったいないって思って言ってみたけども。あれを「ダメ~」って言われてもみたいなところあるじゃん。

カミナリが殴ってることをは、「まなぶ君が苦痛に思っての?どうなの?」っていうのって、苦痛に思ってるって、凄く複雑なところに入ると思うのね。それを、本当に嫌ならばその仕事を受けてない論っていうのも、ちょっと違うと思うし。

なんか、お笑いの俺たちの持ってる、ケツバットを受けている時の…なんか失敗をしました、だけれども代表してケツバットって言われる時の、イヤと良いの中間ぐらいのやつを、あれを苦痛って言うのかどうかが凄い難しいのと、一方で俺も分かるのは、「そう見えたら終わり」という考え方ってあって。そう見えた段階でもうダメなんです、みたいな考え方は、まぁ色々あるんでしょうけども。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事