佐久間宣行P、「3人目のダウンタウン」高須光聖が秋元康からアドバイスされた「肩書」についての教えを語る

2021年8月28日配信開始となったYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』の動画にて、テレビプロデューサー・佐久間宣行が、「3人目のダウンタウン」高須光聖が秋元康からアドバイスされた「肩書」についての教えを語っていた。

佐久間宣行:今、オークラさんは「放送作家」って言ってないんだよね?

オークラ:一応は、便宜上は名乗ってますけど、個人的には放送作家だとは思ってないっていうか。

佐久間宣行:うん。

オークラ:名前を変えたい、と思ってますね。

佐久間宣行:名前を変えたい、新しい職業を作りたいって言ってるのね。

オークラ:放送作家っていう肩書が、個人的には好きじゃなくて。

佐久間宣行:うん。

オークラ:だから、色々考えて、かつてあった職業の中で、今、自分の肩書に一番ピッタリなの何なのかなって言うと、ハイパーメディアクリエイターしか思いつかないです(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)

オークラ:でも、それ相談するとみんな「やめた方がいい」って言うんですけどね。

佐久間宣行:でも、この間俺、高須さんのラジオ出て。高須さんが一時期、プロデュースの仕事もやってるから、その時に、「プロデューサー」って名乗ってたんだって。

オークラ:はい。

佐久間宣行:そしたら、秋元康から高須さんのところに連絡がきて。

オークラ:ええ。

佐久間宣行:「高須、プロデューサーとか名乗らない方がいい」と。

オークラ:ええ。

佐久間宣行:「自分がシンプルに一番やってる本業を書いておいた方がいい」と。

オークラ:ああ。

佐久間宣行:「胡散臭く見えるから」って。

オークラ:そうなんですよね。肩書、色々ごちゃごちゃすると胡散臭く見えるんですよね。

佐久間宣行:胡散臭く見える。だから、秋元さんは「作詞家」にしてるし、結局高須さんは「作家」のままなんじゃない?

オークラ:そうですよね。



佐久間宣行のNOBROCK TV

本日の人気記事