東野幸治、『24時間テレビ』でのジャニーズタレントと芸人との「楽屋の格差」が酷かったと暴露「おかしない?これ」

2021年8月27日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、『24時間テレビ』でのジャニーズタレントと芸人との「楽屋の格差」が酷かったと暴露していた。

東野幸治:もう13~4年ぐらいですよ、24時間テレビ終わってから、そこの武道館とか両国国技館で簡易なスタジオセット作って、チャリティーランナー帰ってきたら、お迎えして「いかがでしたか?」とかお話する1時間みたいな。

ちょうど紳助さんが司会やってる時から始まって。で、紳助さん引退されて、もう10年目ですか。10年ですから、『行列』って20年目なんです、今。紳助さんやって10年で、引退してから10年経つんですよ、実は。凄ないです?

ほんで、それ今年やってて。去年からコロナってところで、武道館でお客さん集めて、とか募金みたいなんが人が行くの終わって、一人で芸能人が走る、24時間走る、120km走るっていうんじゃなくて、アスリートが募金ランみたいな形式になって。

で、去年より今年の方がさらに厳しくなって。コロナ前までは、武道館で僕が行ってる時とかは、メインパーソナリティとか…別にジャニーズの悪口じゃないですよ。メインパーソナリティの、ジャニーズの楽屋はね、長さで言ったら武道館ですけど、25mぐらいの長さですよ、楽屋(笑)

俺も歩きながら、左目で「あ、ジャニーズさんの楽屋」って。で、途切れて、次、俺らの楽屋かなって思ったら、ジャニーズさんの楽屋(笑)で、また歩いて、次かなと思ったら、ジャニーズさんの楽屋(笑)

で、隙間から見たら、布団みたいなんがあったりして、管理ばっちり、「24時間頑張ってくださいね」って気持ちの伝わる楽屋ですよ。

で、我々の楽屋何かなって思ってね。ちょうど、宮迫とか後藤君とか渡部とかやった時は、このラジオブースぐらいの楽屋にタレント12人(笑)はっはっはっ(笑)当時、みやぞんとか、3~4年ぐらい前かな。

ジャニーズさんの楽屋歩いた後のこれやったから(笑)でも、みんな偉い。キラキラした顔でスタンバイしてんのよ、Tシャツ着たりとか。そこにマネージャーや、スタイリストやって入り乱れてる感じで。

俺だけですよ、急にデッカイ声で「これ、楽屋狭ない?」って。「おかしない?これ」って。みんなもキョトンとして、「いや、何をそんな怒ってはるんですか」って(笑)「さっきジャニーズさんの楽屋見たけど、25mあったで。俺らこれ何?12畳ぐらいでしょ。めちゃくちゃ狭ない?俺、ちょっと言おうか」って。でも、みんなも「そんなん言わんでも」みたいな顔をしてるから、「あ、こんなん言うたらアカンねんな」って思ってたりしてたんですよ。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事