佐久間宣行P、『アナザースカイ』のプロデューサーが密着取材で異常なほど気をつかってくれたと明かす「もう番宣の大物俳優ぐらい気をつかってくれんのよ(笑)」

2021年8月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、『アナザースカイ』のプロデューサーが密着取材で異常なほど気をつかってくれたと明かしていた。

普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる 佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)2019-2021

佐久間宣行:密着、『アナザースカイ』に来ていただいてて。先週…2週間前か、ここにも入ってもらって、クレーンっぽいものを入れて、しっかり撮ってて。

で、内容はまだね、言っちゃダメなんですけど、結局3日ぐらいロケあったのかな。仕事の密着と、いくつかの場所移動とか。3~4日ね、ロケ行ったんですけど。

で、思ったというか、気づいたことがあって。『アナザースカイ』のスタッフ、本当に俺を密着するのやりづらそうだった(笑)

まずね、若いディレクターとプロデューサーが2人なのよ。ディレクターさんが大体30前後なのかな、女性なの2人とも。で、プロデューサーさんもそのぐらいの…だから、俺より15個ぐらい下の業界の後輩なわけじゃん。

やっぱろ、この年次の同業者を追いかけるってね、やっぱ誰であってもやりづらいところ、しかもプロデューサーさんは俺の番組とかを見てくれたお笑いファンのプロデューサーさんで。

とにかくね、俺への気遣いが凄いのよ。「佐久間さん、ちょっとロケのスケジュールなんですけど…何日ぐらいになっちゃうんですけど、お忙しいところ本当に申し訳ないんですけど…」から始まって。

ロケに行くと、「佐久間さん喉乾いてますか?」とか、「ちょっとロケの間のスタンバイがあるんですけど、ここ本当に待ちになっちゃうんですけど、これはロケ場所的にと、機材セッティングあるんで、かかっちゃうんです、本当に申し訳ないです」とか。

「ちょっと巻いたんですけど、次のスタンバイで中入るのにちょっと時間がかかるんで、ロケスケジュール巻けないんです…」とか。いや、分かるよって。俺も同じ仕事やってるから分かるよっていうのに、もう番宣の大物俳優ぐらい気をつかってくれんのよ(笑)

まぁまぁ、作ってる番組からすると、「ラジオ明るくやってるけど、もしかしたら面倒くさい奴なのかも」って、万が一もあるじゃん。だからとにかく気をつかってくれて。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事