東野幸治、マンボウやしろが吉本興業を退所していると発言してしまったことを謝罪「全く辞めてないそうです、マンボウやしろ君」

2021年7月30日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、マンボウやしろが吉本興業を退所していると発言してしまったことを謝罪していた。

東野幸治:ここでちょっとお詫びというか、訂正なんですけど。先週、話をしましたテレビ東京の深夜ドラマの『お耳に合いましたら。』なんですけどね。

エンディングで、元乃木坂の伊藤さんが踊るんです。その踊ってる時の部屋着のTシャツが幻Tシャツを着てるっていうので、これはありがたいと思って。

ほんで、見てたらオズワルドの伊藤君もくり抜きで出てたりするし。脚本がマンボウやしろ君だってことで、「吉本を上手に辞めて、上手に脚本家とか演出家してるマンボウやしろ君もいてるから、俺も出たい」みたいなことを言ってたんですけど。

そしたら、どうやらマンボウやしろ君、吉本を辞めてなかったみたいで(笑)本当に大変申し訳ない、と(笑)カリカっていうコンビがいてて、林君とやしろ君って言ってて。で、やしろ君はブサイク芸人でゆらゆら帝国のボーカルみたいな感じで。

眉毛もないけど、でも世界観のある感じで。現在、TOKYO FMで帯の夕方ラジオをやってて。なおかつ脚本もやってて、演出もやってて。

俺はてっきりカリカ解散して、一人はこの世界辞めて、一人はピンでやるけど、もうすぐにタレント活動、芸人辞めますって時に、吉本を辞めて、フリーでやってんねやって思って。

「ああ、偉いなぁ」って思ってて、闇営業騒動のだいぶ前ですから。ほんで、脚本家とかで本を書き出して、お芝居して。よくよく吉本の芸人つかって演出もしたりして。

吉本興行の本社、東京で稽古とかしてるから、「こいつ、よう辞めてて吉本にしれーっと来るなぁ」って思って。南海の山ちゃんの元マネージャーの片山っていうのが、今、東京でスラッシュパイルっていう会社作って、色んな芸人さんに舞台をやっていただくって会社をやってて。

お笑いってライブ必要ですよって。もともとは吉本のマネージャーだったんです。でも、それを辞めて、なんか知らんけど上手に吉本とWin-Winの関係で、芸人さんとかとコラボしながらライブを提供するっていう。

それに次ぐ第二弾やと思って、俺の中で勝手にマンボウやしろ…たしかに、マンボウやしろ干したら怖そうな顔してるし、粘着質っぽいから(笑)吉本も上手にやってんのかなって思ってたら、なんとなんと、全く辞めてないそうです、マンボウやしろ君。

なんやったら、吉本と円満にやってるみたいってことで、それ聞いて本当に申し訳ないし。もしマンボウやしろ君にこの話が届くならば、先輩の東野幸治の言ってたことになびいていただいて、吉本を辞めていただいて(笑)フリーの作家、演出家、DJになっていただいたら、一番ありがたいと思いますけども(笑)



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事