オードリー若林、『しくじり先生』で教壇に立つにあたっての密かな決意を星野源が気づいてくれて喜ぶ「星野さんが分かってくれてる!」

2021年6月30日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『しくじり先生』で教壇に立つにあたっての密かな決意を、星野源が気づいてくれて喜んだと語っていた。

星野源:この間も、メッセージ送った、『しくじり先生』で、若林さんが先生役をやられた時があったんですよ。

春日俊彰:はい、はい。ありましたね。

星野源:その時に、凄く素敵だなって思ってメッセージ送ったんですけど。

若林正恭:うん。

星野源:それが、今まで色んな先生が、しくじり先生が出られた中で、若林さんが一番、教科書を見てなかったんです。

春日俊彰:ほう、ほう。

若林正恭:ふふ(笑)

星野源:いつも、皆さん教科書を見て、授業という体(てい)で。でも、ほぼカンペです。

若林正恭:うん。

星野源:カンペを見て喋る。だから、皆さん結構下を見る画が多いんですけど。

若林正恭:うん。

星野源:でも、若林さんは番組の進行の台本として、自分のしくじったことを、普遍的な例に変えて喋るくだりがあるじゃないですか。

若林正恭:ふふ(笑)

星野源:「会社でこういうしくじりをしました、こういうことありますよね?」っていうのを、全部、自分の言葉に咀嚼し直して、前を向いて喋ってたんです。

若林正恭:ふふ(笑)

星野源:教科書を見るんじゃなくて、自分で喋るんだっていうことを意識されてるんじゃないかなって思って、「そこが素敵でした」って送ったら、「実は、意識してました」っていう。

若林正恭:そう。みんなと全員で授業をしようっていうのだけは、ブラさないで最後までやろうと決めて入ったから。それは「分かんない、分かんない。世の中は分かんない」が呪文なんだけど、「星野さんが分かってくれてる!」って思って(笑)

星野源:ああ、よかった(笑)

若林正恭:たまに星野さんがこう言ってくれてたよ、とか、伊集院さんが言ってくれたの、胸に当てて親父に報告してるんですよ(笑)

オードリー若林、『しくじり先生』で「売れて調子に乗った」「スキャンダルを起こした」人の共通点が分かったと語る



あちこちオードリー

本日の人気記事