麒麟・川島、病院を受診した後に処方箋を調剤薬局へ持って行くと「どうされました?」と再度説明を求められることに怒り「もう終わってるって、その話」

2021年6月6日放送のTBSラジオ系の番組『ブレインスリープpresents川島明のねごと』(毎週日 19:00-20:00)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、病院を受診した後に処方箋を調剤薬局へ持って行くと「どうされました?」と再度説明を求められることに怒りを感じると語っていた。

川島明:もうこんなん怒ることでもないのに、毎回腹立つのが…

向清太朗:なんですか?

川島明:お医者さん行って、たとえば頭痛かったとしましょう。

向清太朗:うん。

川島明:で、「頭痛いんです」「どういう痛さですか?夜ですか?いつも痛いんですか?」とか、問診するじゃないですか。

向清太朗:はい。

川島明:で、「こういうアレです」って。「ああ、まぁまぁ大丈夫やと思いますけど、こういう薬出しておきます」って。

向清太朗:はい。

川島明:で、そこで処方箋渡されて、その処方箋を持って、調剤薬局行って。

向清太朗:行きますね。

川島明:もらうじゃないですか。で、その薬剤師の人に紙を渡したら、「どうされました?」って言うんですけど。

向清太朗:うん。

川島明:もう終わってるって、その話。

向清太朗:はっはっはっ(笑)

川島明:もうさっき上とやってるから。

向清太朗:上って言わないでください(笑)

川島明:「どういう症状ですか?」って、「もう終わってる。書いてある薬、ください」って。

向清太朗:はっはっはっ(笑)素直にね(笑)

川島明:凄い怒るんですよ、僕、そこで。「あの…はい、はい」ってなるんですよ。でも、そんな怒らんでエエやん、それ。

向清太朗:それも分かります。

川島明:もう一回言ってもエエやん、ホンマはな。

向清太朗:はっはっはっ(笑)

川島明:でも、なんか自分の中の地雷なんかな。もうなんか、必要以上に「う~っ」って体温上がるんですよ。

向清太朗:はっはっはっ(笑)



川島明のねごと

本日の人気記事