伊集院光、「ラジオの帝王」という名称の生みの親である佐久間宣行Pに「帝王を襲名したってことで、引きかえに祝儀よこせって言おうか」「テレ東の退職金持ってるから」

2021年5月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「ラジオの帝王」という名称の生みの親である佐久間宣行プロデューサーについて、「帝王を襲名したってことで、引きかえに祝儀よこせって言おうか」「テレ東の退職金持ってるから」などと語っていた。

伊集院光:俺はタレントだからさ、もうこれから真打ちになることはないけど、逆にタレントはオリジナルの位を作ることができると思うの。俺はだってアレなんだろ、ラジオの帝王なんだろ?(笑)

帝王を、ちゃんと正式に襲名して、色んなところに手ぬぐい配ってやろうか(笑)手ぬぐいなんだから、手ぬぐいもらったらうっかり出す奴いるんじゃない?真打ちで5万円なんだよ、帝王は相当な(笑)

これだな、これから。落語界方式だよ。「帝王を襲名しました」って、帝王・伊集院光っていう名前の手ぬぐいを作って、テレ東の佐久間さんのところに持っていこう(笑)「お前が付けたんだから、引きかえに祝儀よこせ」って(笑)

ラジオの帝王を襲名して、手ぬぐい作って佐久間さんのところに行って。テレ東の退職金持ってるだろうから、それを祝儀にしてよこせって。

向こうも怖いのがさ、フリーだからさ、テレ東の役職関係ないじゃんか。そうすると勝手に「ゴッド」とか名乗っちゃったりすると、『ゴッドタン』やってっから。そうすると「ゴッド」の手ぬぐい出されちゃったら…ゴッドはいくら出せばいいんだろうってことになっちゃうんで(笑)これは痛み分けだなぁ。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事