伊集院光、三遊亭円楽の独演会で落語をやることになり本編の一言目が出てこなくて枕の部分で「無駄に林家三平ディスりが長くなってしまった」と告白

2021年5月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、師匠・三遊亭円楽の独演会で落語をやることになり、本編の一言目が出てこなくて、枕の部分で「無駄に林家三平ディスりが長くなってしまった」と告白していた。

伊集院光:出囃子鳴ってさ、座って喋り始めるんだけどさ。喋ってる内にさ、一言目を忘れちゃってさ。最初、フリートークで入るんだけど、一言目の「おさきさん」っていう(笑)これだけなんだよ。

「おさきさん、またかい?来るなじゃない、来るなじゃないけどさ、そうのべつ幕なしじゃあ…」って、これだけのセリフの、「おさきさん」っていう、主人公の人名が出てこなくなっちゃって。

「女の名前だ」とは思って(笑)「女の名前だけども」っていう。もう、俺の中でも、「女の名前だけど、イザベラではない」っていう(笑)これしか分かんないんですよ。全然、何択にもならない。

「おさよさんじゃない…イザベラじゃない」って、俺の脳内の小さな俺のおふざけが入った途端に、もうイザベラでしかなくなってくるじゃん(笑)もうイザベラって言ったらお笑いだなって思うし(笑)

落語の寸法みたいなので言うと、日常会話みたいなのから始めるわけ。それは、寄席っぽい感じで。こういうご時世で、バンドとかアーティストみたいなのは、お客さんと一緒に盛り上がって、一緒に歌ったりすることもあるから、なかなかコロナ対策難しいですね、と。

ただ、落語はみんなで寿限無歌おう、みたいなことはないからいいよね、みたいな話で。で、お笑いの中でも、お笑い第7世代のライブとかだと、「ぺこぱ」とかすげぇ飛沫飛ぶ、と(笑)

で、その点、「三遊亭円楽」も「伊集院光」もぱぴぷぺぽが入ってないから、飛沫がそんなに飛ばない、と。落語家ってのは安全なんだよって話で。「落語家で、ぱぴぷぺぽが入ってる奴なんかいないんだから…三平だ」っていう(笑)

「ただ三平さんは、その分、笑わせないっていう飛沫対策をとってます」っていうつかみから入って(笑)この後やんのは恋愛の話だから、恋愛ネタみたいなのをちょっと言った後に、それから江戸時代の恋愛の小話をしつつ。

「そんな話はよくあったようで…おさきさん」って入るのが、おさきさんが出てこない、俺の中でイザベラしかいないから。イザベラどうしよう、イザベラ…ってなってるから、とにかくおさきさん出てくるまで、なんとか話を繋げなきゃって思ってるから、無駄に三平ディスりが長いっていう(笑)

その後の高座で、ウチの師匠の山田隆夫ディスりもすげぇ長かったから(笑)親子揃ってなにディスりまくってんだって話なんだけど(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事