ケンドーコバヤシ、「自分のスケールの小ささにイヤになった」瞬間を告白「突然、夜中に目が覚めて…」

2021年4月28日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!水曜日』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、「自分のスケールの小ささにイヤになった」瞬間を告白していた。

田中卓志:部屋の中に、ペットボトルがどんどん増えてきて、気づいたら40本ぐらいになって。

山根良顕:でも、マンションだったらいつでも捨てれるでしょ?

田中卓志:いつでも捨てれるのよ。それがまたよくないのよ。

柏木由紀:先延ばしにしちゃって。

ケンドーコバヤシ:ネコに寄って欲しくないの?

田中卓志:入ってこないですよ。

ケンドーコバヤシ:俺は、ゴミ箱は2個あんねんけど、その他にゴミ箱一個、台所の方に一個置いといて、ペットボトルだけを捨てるのがあって。

田中卓志:ああ。

ケンドーコバヤシ:そこに醤油の空いたやつも捨ててて。

田中卓志:はい。

ケンドーコバヤシ:夜中、気になって起きて、「やっぱ違う」って出して。

柏木由紀:はっはっはっ(笑)

田中卓志:たしかに、ペットボトルかどうか迷いますね(笑)

ケンドーコバヤシ:迷うのよ。

山根良顕:たしかに。

ケンドーコバヤシ:自分の小ささにイヤになったというか。

柏木由紀:ああ。

ケンドーコバヤシ:夜中にバッて目が覚めて、「違うんちゃうかな」って、取り出したもんな。

田中卓志:ああ。

ケンドーコバヤシ:豪快に生きれないのよ、その辺は。「こんなもん、一緒じゃ」って言うて、捨てるぐらいの男になりたいんやけど。

田中卓志:夜中に目が覚めて、起きてるのがちょっと想像するのが面白い(笑)

ケンドーコバヤシ:自分のスケールの小ささにイヤになるというか(笑)



アッパレやってまーす

本日の人気記事