東野幸治、ダウンタウンの東京進出後に残された今田耕司とともに吉本興業・大崎洋の指示で新喜劇メンバーに加入することとなったと明かす

2021年4月23日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、ダウンタウンの東京進出後に残された今田耕司とともに吉本興業・大崎洋の指示で新喜劇メンバーに加入することとなったと明かしていた。

東野幸治:チャーリー浜さんがお亡くなりになって、78歳でございましたけれども。ツイッターでは、「心よりご冥福をお祈りします」っていうふうにつぶやかせていただきましたけど。

だから多分…聞いてる方で、若い方は僕とチャーリー浜さんとか、僕と新喜劇のイメージが全くないと思いますけど。僕、19歳でこの世界に入って、ダウンタウンさんのブームに乗っかって、毎日放送で帯番組、夕方『4時ですよーだ』やってて。

それ終わってダウンタウンさんが東京に行って、『夢で逢えたら』とか、フジテレビで活躍するんですけど。で、残った我々はその時に、吉本新喜劇の「やめよっかなキャンペーン」って。

ちょうどその時に、今から30年以上前に、吉本新喜劇っていうのが人気がもう落ちちゃって。寛平さんはマラソンとかしたりとか、東京進出する、萩本欽一さんの下で、バラエティ番組出るとか言って。

あと言ったら、もっと色んな師匠、新喜劇の役者の皆さんが、当時だから野球賭博とか、借金でに逃げたとか、トンズラしたとかそういうネガティブなニュースばっかりになっていって。うめだ花月とか、京都花月の出番、トリの落語家さん終わったら、10~15分間セットを組んで新喜劇やるけど、その時にはお客さんがもう帰ってるとか、めちゃくちゃ減ってるっていう時代があって。

で、これはアカンということで、吉本興業が「新喜劇やめよっかなキャンペーン」みたいなんを打って、期限決めて。半年ぐらい期限決めて、その期限の中で、うめだ花月で新喜劇するけど、その中で新喜劇見るそのお客さんの数が、ある一定の目標の数をクリアしなかったら新喜劇は解散しますっていうキャンペーンがあって。

その後、新喜劇を新しく新生・新喜劇だっていうところで、今田さんとか、ほんこんさんとか板尾さんとか俺とかが呼ばれて行ったのよ。22~23歳で。新喜劇なんかあんま見てなかった、学生時代。小学校の時ね、土曜日学校帰って、昼ごはん食べながら新喜劇を見てっていう時代ですけど、新喜劇って12時から1時で、もう学校終わんのが大体12時すぎ、家帰ったらもう1時すぎで、そんな見るような環境じゃなかったし、文化でもなかったんですけど。

吉本の大崎さんに言われて、「新喜劇やれ」って言われて。「イヤです」って言って(笑)「吉本辞めます」言うて(笑)「そんなん言うな、お前」って。「新喜劇頑張ってやって、何年からしたらまた東京行って。大丈夫やって。お前は売れる、売れる」ってみんなもそういうふうに言われて。流行った歌が「そんな洋に騙されて」って。

「お前は売れると~耳元で言った~そんな洋に騙されて」って、みんな新喜劇に行くんですよ。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事