ケンドーコバヤシ、独身だった有吉弘行が「バカリズム結婚」の際にかけてくれた言葉で救われたと明かす「大丈夫です。俺らにはアンガールズ田中がいます」

2021年4月20日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、独身だった有吉弘行が「バカリズム結婚」の際にかけてくれた言葉で救われたと明かしていた。

ケンドーコバヤシ:アイツね…アイツって言うたらアレですけどね。凄い、いい夫婦、いいニ人じゃないですか。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:でも有吉は、なんとなく繋がってたんですよ、俺、心で。

千原ジュニア:ほう、ほう。

ケンドーコバヤシ:やっぱりね、バカリズムが結婚した時に、有吉から喋りかけてきたというか。

千原ジュニア:ほう、ほう。

ケンドーコバヤシ:なんか俺が、そわそわしてたんですって。

千原ジュニア:なんか出てたんやろうな、空気が。

ケンドーコバヤシ:なんか出てたんでしょうね。ほんなら、肩をポンッて叩かれて、パッと見たら有吉で。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「大丈夫です」って。「俺らには、田中がいますから、大丈夫です」って言うたんで、物凄い気持ちが楽になったんですよ(笑)

千原ジュニア:はっはっはっ(笑)その右大臣が行ってもうたわけやから。

ケンドーコバヤシ:そうなんですよ。だから、「俺たちに田中がいる」っていうセリフと、「コバヤシさんには田中がいる」っていうセリフでは、重みが違い過ぎるんですよ。

千原ジュニア:せやな。

ケンドーコバヤシ:「俺たち」っていうのがね、なんか凄い救われたっていうか。

千原ジュニア:はい、はい。



にけつッ!!

本日の人気記事