東野幸治、福田彩乃が『マルコポロリ』でモノマネが全くウケずに泣き出してつい笑ってしまい「東野が悪い」と批判されたことを明かす「みるみる涙で潤んできて」

2021年4月16日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、福田彩乃が『マルコポロリ』でモノマネが全くウケずに泣き出してつい笑ってしまい、「東野が悪い」と批判されたことを明かしていた。

東野幸治:福田彩乃ちゃんが『マルコポロリ』、カンテレのスタジオに来て、ニワトリのモノマネをして(笑)今までずっと、日本テレビのモノマネ特番しか経験したことない福田彩乃ちゃん。

日本テレビのモノマネ番組では、モノマネをすると、ワー拍手とか、みんなが「笑おう」って気持ちで笑ったりとか。時には口笛を吹いたりとか、そういう現場しか経験したことなかったから。

そんな感じだろうと思って、カンテレの『マルコポロリ』で、対面の関西芸人、ほんこんさんとか、メッセンジャーあいはらとか、シャンプーハットとか、八光とか、ダイアンが当時おった。

その前で、ニワトリのモノマネして(笑)ほんで、みんな黙って。で、福田彩乃ちゃんも慌てて。当時、『仁』っていうドラマがあったから、綾瀬はるかのモノマネをマンキンでやったら、誰一人『仁』見てなくて。

ほんで、福田彩乃ちゃんが、両方の目がですね、みるみる涙で潤んできて。俺がケラケラ笑ってると、「東野さんが悪い」ってことになってっていうのは、物凄い覚えてる(笑)

その時に笑わへんように、裏回しで指示出してたんが、今日くるメッセンジャーのあいはらで(笑)はっはっはっ(笑)

日本で一番ウケないスタジオって言われてる『マルコポロリ』で、常に陣を張ってやってて。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事