東野幸治、『ダウンタウンのごっつええ感じ』で篠原涼子が歌っている最中にしていたとんでもない行為に我が事ながらドン引き「絶対アカンよね」

2021年9月10日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、『ダウンタウンのごっつええ感じ』で篠原涼子が歌っている最中にしていたとんでもない行為に我が事ながらドン引きしていた。

リスナーメール:私が鮮烈に覚えてるのは、『ダウンタウンのごっつええ感じ』のエンディングコーナーでの出来事です。当時のエンディングは、『ごっつ』にしては緩めの、メンバーがカラオケを歌いながら終わるという、和気あいあいとしたコーナーでした。

当時、アイドル崩れのバラドルから一転、『恋しさと せつなさと 心強さと』がTKプロデュースで大ヒットし、グイグイきていた頃の篠原涼子さんが、『MOTTO』を歌おうとしたその時、横から走り込んできた半裸の東野さんが大声で「しょうもないんじゃ!」と篠原さんに一喝。

ビックリして、「キャー!」と叫び声を上げた篠原涼子さんがマジ泣きしかけたまま一曲を歌うという、地獄絵図が繰り広げられた場面が、今でも鮮烈に記憶に残っています。多分誰かに操られていたのではという推測もできますが、当時は人としてどうかと思いました。

そして私は、あの頃の東野さんが大好きです。

東野幸治:はっはっはっ(笑)いや…凄いな。今、読んでもちょっとサブイボ出るぐらい(笑)やっぱ一生懸命なんかこう、爪痕を残さなアカンなぁって思ったんでしょうかね。

20年ちょっと前、四半世紀前ですか。覚えてます。この話、よく今田さんとするんですけど、「あれやったよなぁ」って。東京パフォーマンスドールをやめて、バラエティでおバカタレントみたいな感じで。

で、『ダウンタウンのごっつええ感じ』で一緒にコントとかして、一緒に遊んだり、企画やったりするメンバーが、小室さんがプロデュースする、歌うっていう。

それで、カラオケで歌う。ほんで、みんなで手拍子すんねん。それも全員揃いのジャージ着て。チームファイトかなんかの後の収録したから。全員ジャージ着てやって。ほんで、言うたらレコード会社も来てたと思うねん、当時俺ら分かってないから。小室さんサイドの人もいっぱい来てて。言うたら、売り出すわけやから。

俺ら知らんから、ジャージ着て手拍子して。ほんで、俺らやることないからさ、ここにあったクッションみたいなんで、浜田さんが篠原涼子さんの頭かな、お尻かな、ポンッと叩く。それが俺らにしたら、ホイッスルに聞こえたんやろうな(笑)

俺ら笑ってギャーやったけど、冷静に引きで見て、カメラマンとかディレクターの奥のマネージャーの顔を見てたら、全員曇ってました(笑)

それは考えられないでしょ。絶対アカンよね。「カット!カット!カット!ちょっと、止めて!」って。「何してんの?メンバーがデビューするんだよ?なんで頭殴ってんの?なんで首絞めてんの?」って(笑)

「おい、東野。首絞めたら歌えないだろ」「すみません…」って。「おい、ほんこん。なにケツ触ってんだよ!」ってなるじゃないですか(笑)だから、今田さんと二人で「あんなんやっぱアカンよなぁ」って。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事