佐久間宣行P、朝井リョウから新作小説『正欲』が献本されるも「朝井リョウ本人ではない別の人物のサイン」が書かれていて驚く「DJ松永のサインだったの(笑)」

2021年4月14日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、朝井リョウから新作小説『正欲』が献本されるも「朝井リョウ本人ではない別の人物のサイン」が書かれていて驚いたと語っていた。

佐久間宣行:今読んでんのは、朝井リョウさんの『正欲』、これめちゃくちゃ凄いよ。これ、横道に逸れんだけど、朝井リョウ君が毎回、献本してくれるわけ。まぁ、知り合いだからね。

それで毎回、サインみたいなのを書いてくれるじゃん。そこに、知らない奴のサインが書いてあるから。誰のサインかなぁって思ったら、DJ松永のサインだったの(笑)

多分、あの二人めちゃくちゃ仲良いからさ、多分ニ人で飯食ってる時とかに、「佐久間にこれ、本を送らなきゃいけないんだよ」って。「面倒くせぇなぁ」ってなって、「じゃあ、俺書くよ」ってなったのかもしれないんだけど。

DJ松永のサイン(笑)「誰のサインなんだ?」って思ったら、松永のサインだったんだけど。でも、素晴らしい、本当に。まだ読み終えてないからちゃんとした感想は言えないけど。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事