ニューヨーク嶋佐、初冠番組『NEWニューヨーク』がスタートすることで「自分の番組が終わるストレスって、計り知れないんだろうな」と発言

2021年3月14日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの嶋佐和也が、初冠番組『NEWニューヨーク』がスタートすることで、「自分の番組が終わるストレスって、計り知れないんだろうな」と発言していた。

嶋佐和也:若手の時は、ブレイクしたい一心で無我夢中でさ。

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:ただただやっていくわけじゃん。

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:そういうことなんだろうね。レギュラーとか始まると。やっぱり別のストレスって出てくるんだな、上に行けば行くほど。

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:自分の番組を持ったら、それが終わるストレスって計り知れないんだろうな。

屋敷裕政:そうだね。だから頑張る方法って曖昧やん、若手の時って。

嶋佐和也:そう、そう。

屋敷裕政:とにかくネタ考えるとかさ。「ライブでちょっと頑張ってみる」とかさ。で、それがずーっと続いて売れへんから、なんかやってみようとか悩むけど。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:今、完全に始まったやん、俺らは。

嶋佐和也:うん、そう。スタートよ、ある種。

屋敷裕政:今まで、ルール無用の喧嘩しかやったことない奴がさ、「ボクシングで戦ってください」みたいな、違うものが始まったよな。

嶋佐和也:あと、若手の時は上に行くしかない、みたいな。劇場では正直、上の先輩より全然面白い奴いると思うし。

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:でも、テレビとか出させてもらったらそこにステージがあるじゃん。

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:だからその…下には下がれない恐怖はあるよね。

屋敷裕政:なるほどね。

嶋佐和也:そしたら、次、上がってくるのはめちゃムズいから。

屋敷裕政:そうやな。



ニューヨークのニューラジオ

本日の人気記事