ナイツ塙、ゆりやんレトリィバァは実際に「ネットでの誹謗中傷」に悩んでいてその思いをR-1グランプリ決勝にネタとしてぶつけていたことが素晴らしいと賞賛

2021年3月8日配信のYouTubeチャンネル『ナイツ塙の自由時間』の「上石神井ラジオ」で、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、ゆりやんレトリィバァは実際に「ネットでの誹謗中傷」に悩んでいて、その思いをR-1グランプリ決勝にネタとしてぶつけていたことが素晴らしいと賞賛していた。

塙宣之:2本目のネタはね、もう本当にゆりやんの人間そのままだよね。自分の生き様という伏線を回収している。「ネットで叩かれてる」とか、「ダイエットした」っていう、自分の伏線を回収するっていうことだから、それはもう有名人にしかできないわけだから。

あれはだから見事な感じで。先週の木曜日、ゆりやんがラジオでゲストに来た時に、R-1の4日前に、「ネットで叩かれるの、どうしたらなくなりますか?」みたいなことを気にしてて。恐らくそういうのも全部、本当に思いとしてはあって。

彼女の凄いところは、それを具現化して。ロックンロールとかと同じじゃん。歌手だったら、それを歌に変えるわけでしょ?

彼女の場合、それを笑いで。だって、銃を持って撃とうとしてるんだから。撃ってんだからさ。完全に、今の自分の思いを、あそこにネタにできることが…やっぱり、これは教育にもつながるというか。

ある意味、イジメとかさ、色んなことがあっても「笑いに変えちゃえ」みたいなところがやっぱりあって。

ただ変えるんじゃなくて、やっぱり最後まで作品として作ってやるっていうのは、俺はなんかちょっと凄いなと思ったけどね。

だから、ネタのどうこうってよりも、1本目でもう勝負が決まったようなもんで、2本目はもうボーナスでっていうところからかな。



ナイツ ザ・ラジオショー

本日の人気記事