佐久間宣行P、テレビ東京退社は「管理職にならざるを得ない」ことと「現場でまだディレクターをやりたい」という葛藤の中で決断したと告白

2021年3月3日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、テレビ東京退社は「管理職にならざるを得ない」ことと「現場でまだディレクターをやりたい」という葛藤の中で決断したと告白していた。

佐久間宣行:退社するのは…こっからはちょっと真面目に話します、一旦。自分のことなんで。ちゃんと話します。報道の通り、3月31日でテレビ東京を退社致します。

ただ、以後もテレビ東京と契約をして、レギュラー番組『ゴッドタン』『あちこちオードリー』『考えすぎちゃん』などは全て継続して、プロデューサーも演出もやります。

で、多分ですけど、特番や新番組もやります。ただ、立場としてフリーに近い立場なので、外でもお仕事させていただくと思います。

で、関わり方かは変わらないです。会議も普通にやるし、多分ですね、担当する番組は全部、カンペを出す、編集もするっていう形になります。

それでですね、なんでこういうふうに至ったかっていうことを話しますと、いや、実はこの番組でも何回も語ってたんですけど、もう3~4年ぐらい前から既に、自分で編集して、カンペを出したりするディレクターとしては、もう最年長なんですよ。

僕と『モヤさま』の演出の一個上の先輩だけが、もう40超えてからカンペ出してる人だったのね。これ、業界的にもあんまりいないんだけど(笑)加地(倫三)さんとかになっちゃうんだけど。

で、会社とは何回か話し合いはしてたの。ラジオが始まる前から。管理業務もやんなきゃいけない…まぁ、おかげさまで。ちょっと出世をしてね、やんなきゃいけないんだけど、そうすると現場に全部、ベタ付きにはできなくなるよ、みたいな話で。そらそうだよねっていう話になって。

ここでも話した、僕の先輩の伊藤とか、そういうのはもう部長職になって。で、番組はプロデューサーやってるけど、現場職から離れてて。そういうふうにならなきゃいけない。で、もしかしたら他局だと、そのままディレクターでずっとやってらっしゃる方もいると思うんだけど、テレビ東京だとまだそうはならなくて。管理職やらなきゃいけないなって話になった時に、「正直、まだディレクターやりたいな」っていうふうに思いまして。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事