東野幸治、『旅猿』でぺこぱ・シュウペイのことを「シュンペイ」と言い続けても岡村隆史やスタッフも誰も指摘してくれなかったことにショック「私は裸の王様です」

2021年2月14日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第108回にて、お笑い芸人・東野幸治が、『旅猿』でぺこぱ・シュウペイのことを「シュンペイ」と言い続けても岡村隆史やスタッフも誰も指摘してくれなかったことにショックを受けたと語っていた。

東野幸治:私は裸の王様です…悲しいです。私は裸の王様になっちゃいました。というのも、この間の『旅猿』でございます。

コロナ禍でロケいけない、ということで、プレゼン企画。コロナ明けたら、ロケできたら、「ここに行きましょう、あそこに行きましょう」と、2週に渡ってお送りしました。1周目はとろサーモン、コマンダンテ石井君、2週目はぺこぱ、ダイアンだったんですけど。そのぺこぱの時に、私は裸の王様でした。

というのも、悪気ないんですよ。本当に思い込んでたんですよ。僕、ぺこぱって松陰寺とシュンペイやと思ってたんです、ずっと。

だからホンマに思い込んでたから、ずっと「シュンペイ、シュンペイ、シュンペイ」って。松蔭寺も、シュウインジもゴチャゴチャになりながら、「多分、松蔭寺や」とか思いながら喋ってるんですよね。共演がほぼなかったから。一回ちょっと、チラッとあったぐらいやったから、名前が入ってないんですよ。

でも、「シュンペイでーす!」って言ってた気がするのよ、人差し指両方立ててっていうイメージやったから。ほんならツイッターとか見たら、「ずっと東野、シュウペイのことをシュンペイって呼んでないか?入って来ぇへん」とか。

「松蔭寺が遠回しにシュウペイ、シュウペイって言ってるのに、東野全然気づかへん」とか。「誰か言うたれよ、岡村も何も言わへんやん。え?東野にそういうダメ出しとか、間違いを指摘したらダメなの?『旅猿』ってそういう番組なん?」みたいな。

「え?ちょっと待って、もうこれ裸の王様やん」と思って。恥ずかしいわぁと思って。岡村も言うてくれようと思って。ずっと「シュンペイ」って言ってたわ。

終わってからも、スタッフ何一つ言ってなかったですよ、「面白かったですね、お疲れ様でした」って言うて。俺が「シュンペイ、シュンペイ」って言ってんのに。完全に裸の王様です。

知らん間に僕ね、偉くなったのかも分かりません。偉くなりすぎたのかも分かりません。もしくは、凄くスタッフに気を使われてるのかも分かりません。絶対に後者です。そんなに偉くなってないから。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事