加藤浩次、吉本興業に「エージェント制」を求めた理由は「タレントが仕事に最適なエージェントを選べるようにしたかったから」

2019年8月10日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、吉本興業に「エージェント制」を求めた理由は、「タレントが仕事に最適なエージェントを選べるようにしたかったから」であると語っていた。

加藤浩次:ここから(エージェント)契約っていう形になっていくよね。

山本圭壱:ああ。

加藤浩次:しっかり本契約っていう。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:だから、「残留、残留」っていう感じで。まぁ、それはいろんな松本さんとかさ、岡村もそうだし、東野さんもそうだし。浜田さんとかもそうなんだけど。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:いろいろ言われて。…でも、やっぱり「残る」「残留する」みていなのは、やっぱり自分自身の中で凄い嫌だったのね。

山本圭壱:うん、残留が?

加藤浩次:そう。何かを変えないと、変わらないなぁっていうのがあってさ。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:で、どうしたらいいんだろうと思ったら、世界とかさぁ、やっぱりタレントとか演者さんがちゃんと中心で、色々できるようになってるじゃん。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:「この映画を撮るんだったら、このエージェントとやります」って。間に入る人がね。専門の人。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:で、テレビ・ラジオはやっぱり吉本強いから、吉本と僕はやる、とか。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:で、出版関係だったら、出版に強い人、色んな出版の話とか、連載の話とかを持ってきてくれる人がいるかもしれないじゃん。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:そんなの全然まだ分からないよ。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:その人とやった方が、自分がやりたいものとか、自分が書きたいものとか、そういうのもどんどん幅広がるじゃない。

山本圭壱:ああ、なるほどね。「自分がもっとこっち側に力を入れたい」っていう部門があったら、吉本さんを通さずに、そっちで自分と契約してやってもいいっていう。

加藤浩次:そう、そう。俺が事業主というか、雇用主になっていうことだよね、立場としては。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:こっちが雇用主、社長になってやるっていうこと。今までは、雇用主じゃなかったじゃん。こっちが雇用主、社長になってやるってこと。今までは雇用主じゃなかったじゃん。吉本が雇用してて、俺らが被雇用者だったじゃん。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:で、それをもうちゃんと対等にしましょうっていう。「そういう契約する人もできるようにしたらどうですか?」っていうことよ。

山本圭壱:なるほどなぁ。

加藤浩次:でもね、やっぱりエージェントして吉本が素晴らしいんだったら、それは会長・社長もそのまま残ってやる、会社をこれから変えていくって言ってます。吉本がエージェントとして素晴らしいんだったら、やっぱり吉本の仕事が多くなりますよ。エージェントとして素晴らしいんだったら。当たり前のことだよね?

山本圭壱:それはそうでしょ。

加藤浩次:でも、他のエージェントの人がやっぱり素晴らしかったら、いろんな所とも仕事できるってなる方が健全じゃない?

山本圭壱:うん。

加藤浩次:逆に言ったら、吉本興業というエージェントが、やっぱり素晴らしエージェントになって欲しいっていうのが俺、どっかあんのね。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:今まで全部、吉本に門を叩いて入った人間は、契約書もなく、ただただずーっと…俺らもそうじゃん。

山本圭壱:うん、まぁね。

加藤浩次:ずーっと前説やらせていただいて。

山本圭壱:最初ね。

加藤浩次:で、オーディション行かされて、何回も失敗して。でも、なんかと『とぶくすり』とかで、片岡飛鳥っていう人間に会ったことによって、『とぶくすり』が始まり、『めちゃモテ』で山本さんが出て、『めちゃイケ』で俺らが出させてもらってっていうのがあるじゃない。

山本圭壱:ありますね。

加藤浩次:で、それはやっぱり「そこだけでいいの?」っていう。お世話にはなってるんだけど。でも、やっぱり吉本のエージェントが素晴らしいってことになればいいと思ってるんだけど。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:でも、今、色んなYouTubeやる若手もいればさ、又吉みたいに本を書くのが凄い、芥川賞とってるわけだからね。

山本圭壱:そうですよ。

加藤浩次:渡辺直美なんか世界に出ていくわけですよ。その時に、やっぱり一番最適なエージェントを選べるという形を、演者がとれる世界じゃないと、ずーっと狭いままやっていくような気がするのね。



極楽とんぼ ちょこっとやってまーす

本日の人気記事