ケンドーコバヤシ、アイドルの独立で事務所と揉めるのは「今まで会社持ち出しでプロデュースしていた」ためであると指摘「こっからやっと利益出る思ったら…」

2021年2月6日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、アイドルの独立で事務所と揉めるのは「今まで会社持ち出しでプロデュースしていた」ためであると語っていた。

ケンドーコバヤシ:最近は、そういうのやめようってなってきたけどさ。

周平魂:はい。

ケンドーコバヤシ:アイドルの人が独立しようってなったら揉めてたわけでしょ。

周平魂:ああ。

ケンドーコバヤシ:今まで、会社が持ち出しでやってたのに。こっからやっと利益出る思ったらやめるんかい、みたいな。

周平魂:そういうことですよね。

ケンドーコバヤシ:そういうことでしょ、揉めてたっていうのは。

たかのり:そうですね。僕ら、利益は多少出してると思うんですけど…

ケンドーコバヤシ:たかのりが?

たかのり:名指しで言わないでください(笑)

ケンドーコバヤシ:たかのりが利益を出してるって、吠えた?(笑)

たかのり:吠えてまでは…

ケンドーコバヤシ:出してるか?お前ら(笑)

周平魂:僕は助かってるんですけど、最近えらい動いてくれてるんですよ、コンビのためにね。

ケンドーコバヤシ:え?

周平魂:それは何かって言うと、2~3年ぐらい前から、入ってないギャラをマネージャーに入れるように動いてくれてて(笑)

ケンドーコバヤシ:それは、きっちりやる奴、やらない奴いたよ、昔から。

周平魂:そうなんです。僕からしたらありがたいんですけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

周平魂:僕は把握できてないんですけど、たかのりは2~3年前の前説とかも把握してて。

ケンドーコバヤシ:女性芸人はきっちりしてるよな、そういうの。

周平魂:へぇ。

ケンドーコバヤシ:ちゃんと家計簿か、収支表みたいなのつけてて、「この仕事とこの仕事、入ってません」って。女性芸人ってしっかりしてるなぁって思ってね。



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事