オードリー若林、インパルス板倉に「めちゃくちゃ憧れてた」過去を告白「自分でチケット買って、見てからショーパブに」

2021年1月26日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、インパルス・板倉俊之に「めちゃくちゃ憧れてた」過去を告白していた。

若林正恭:僕ね、本人を目の前にあれですけど、僕、ショーパブ長くて、全然テレビ出るまで長いんですけど。

板倉俊之:うん。

若林正恭:めちゃくちゃ憧れてたんですよ、板倉さんに。

板倉俊之:俺?

若林正恭:俺、ショーパブの前に、ルミネの『5じ6じ』ってあったじゃないですか。

板倉俊之:はい。

若林正恭:あれで、インパルスさんのネタが見れる時は、自分でチケット払って、見てからショーパブに行ってたんです。

板倉俊之:おい…なんでもっと早く言ってくれなかったんだよ(笑)

若林正恭:ふふ(笑)で、コントもそうですけど、漫才も凄い好きで、インパルスさんの。東京のあんな言葉で、地元の先輩みたいな言葉で漫才やる人ってあんまりいなかったから。

板倉俊之:なるほど。

若林正恭:だからショックですよ、板倉さんが「秩父でタイムラプス動画撮ってる」って。

板倉俊之:はっはっはっ(笑)

若林正恭:いわゆる天才の人だと思うんですよ、小説とか読んでも。映画とか撮ってる人だと思っちゃうんですよ。それが、秩父で一人で震えながらタイムラプスって…俺はショックですよ(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事