オードリー若林、インパルス板倉が初対面で言ってくれた「どう?絶望してる?」という一言が嬉しかった理由

2021年1月26日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、インパルス・板倉俊之が初対面で言ってくれた「どう?絶望してる?」という一言が嬉しかった理由について語っていた。

若林正恭:俺、最初テレビの仕事いただいて1年目ぐらいの時に、「いや、こんな世界なの?」って思ってたんですよ。

板倉俊之:ああ。

若林正恭:でも、誰にも言えないじゃないですか、「今、ノリにノッてる」とか紹介されるから。

春日俊彰:そうだね。

若林正恭:でも、板倉さんと初対面の時に、板倉さんが近づいてきて、肩ポンッてやって、「どう?絶望してる?」って(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)それがファーストコンタクト?(笑)

若林正恭:それが最初(笑)

春日俊彰:一言目?

若林正恭:そう、そう。めちゃくちゃ嬉しかったの、それが。

春日俊彰:ああ、分かってもらえるから?

若林正恭:そう、そう。

春日俊彰:それ、板倉さんテレビとか見てて…

板倉俊之:見る側から始まるわけじゃん。で、出る側になると、そっち側も見えるわけじゃん。

若林正恭:ああ。

板倉俊之:で、色んな先輩だのなんだのが楽屋挨拶だのなんだのって、色々経験してる、あの時の俺ぐらいの感じだろうなぁ、若林…「どう?絶望してる?」って。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:そこに繋がる(笑)

若林正恭:凄い嬉しかったんだよなぁ、あれ。

稲田直樹:分かってくれたんですね。

若林正恭:分かってくれて。



あちこちオードリー

本日の人気記事