伊集院光、『クレイジージャーニー』のやらせ問題は「期間内に撮れない」恐れから持ち込んだことで「ああいうふうに度が過ぎちゃうんだと思う」と指摘

2021年1月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『クレイジージャーニー』のやらせ問題は「期間内に撮れない」恐れから持ち込んだことで「ああいうふうに度が過ぎちゃうんだと思う」と指摘していた。

伊集院光:バラエティも、僕らレベルで「全部やらせだろ」って言う人出てくるじゃないですか。そうすると、「そうじゃねぇんだけどな」とか。

丸山ゴンザレス:うん。

伊集院光:むしろ、(クレイジージャーニーでの)トカゲのケースも、いないものを持ち込んでるわけでもなく、絶対期間内に撮れないことがあるっていうことの対策で多分持ち込んだりすることが、ああいうふうに度が過ぎちゃうんだと思うんですけど。

丸山ゴンザレス:うん。

伊集院光:むしろ、ゴンザレスさんの感じだと、「撮ったけどオンエアできない」ことの方が(笑)実際、起こったけどオンエアできないことの方が多そうですね(笑)

丸山ゴンザレス:多いですね。むしろ、「あれ?上手く行き過ぎちゃってこれダメじゃん」っていう。

伊集院光:面白くねぇじゃん、見ものとしてっていう。

丸山ゴンザレス:仮にですけど、麻薬取引をしようと思って行って、なんとなく一発目に話しかけた奴がプッシャーで、トントン拍子で買えちゃって、「手に残ってるこれはどうしよう」みたいになった時に、そんなもん放送できるわけないだろ、みたいな話になっちゃうっていう。

伊集院光:簡単な、海外における購入ガイドみたいになっちゃうから。

丸山ゴンザレス:「あれ?今の全部撮ってた?」みたいになっちゃって。仮にですよ。厚生労働省的にはこれ、アウトらしいんで(笑)

伊集院光:ああ、もしそういうことがあったとしたら…どうして生放送で呼んだんだよ(笑)

丸山ゴンザレス:はっはっはっ(笑)

伊集院光:そうですよね。そういうことが起きたとて、できなくなっちゃうのが。

丸山ゴンザレス:そうですよ。ギャングから銃渡されて、「ちょっと持ってて」って、厳密に言えば所持にあたりますから。

伊集院光:ああ。

丸山ゴンザレス:「試しに撃ってみる?」とかって、パンパンってやってたらダメなわけじゃないですか(笑)

伊集院光:向こうからすると、何でも撮りたいって言った奴にやらせてやったら、急にやりたくねぇって話ってわけにも。

丸山ゴンザレス:いかないですからね。僕個人も、楽しみで行ってるんで。

伊集院光:「楽しみ」は違う(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事