伊集院光、最近の小学生が「親同士でまず約束を取り付けないと一緒に遊ばない」ことに驚く「お母さんのセッティングありき」

2019年8月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、最近の小学生が「親同士でまず約束を取り付けないと一緒に遊ばない」ことに驚いていた。

伊集院光:最近の小学生事情。友達と遊びに行くのに…安田家、スタッフの家もわりとそう。

安田美香:うん。

伊集院光:小学校中学年ぐらいの子供が、友達と夏休み遊びに行く。

安田美香:うん。

伊集院光:っていう時に、安田家の子供は「ヒマで何もやることないな」ってなってて。

安田美香:ええ。

伊集院光:で、お母さんがヒマそうにしてるのを見て、お母さん同士の繋がりで電話かけて。「安田ですけど。ウチの子、ヒマそうにしてるんですけど、お宅の子はどう?」「ウチのもヒマそうにしてんのよ」「じゃあ、ちょっと聞いてみる」って。

安田美香:はい。

伊集院光:「誰々ちゃんのところ、遊びに行く?もしくは呼ぶ?」なんつって、「うん!」っつって、そのお母さんのセッティングありきでお友達と遊ぶの?

安田美香:そう。自分から、お友達と約束して、自発的に出かけるってことに慣れてないんだっていう。

伊集院光:そうか。

安田美香:そうなんですよ。

伊集院光:低学年は、学童保育の流れで遊ぶし、そうじゃない時も、親御さんがなるべくついていましょう、で遊ぶから。

安田美香:今の世の中、子供一人にしちゃいけないっていうので。

伊集院光:ああ、そう。

安田美香:常に大人が誰かいて。そういう子供の用事、予定もセッティングしてるっていう現状なんです。

伊集院光:安田家の上の子、小学校3年生?

安田美香:3年生。

伊集院光:スタッフの子供で、5年生とかもわりとそうだって。

安田美香:ねぇ。

伊集院光:俺、5年生の時なんて、一人で後楽園球場で都市対抗見に行って、何のゆかりもない電電東京の応援してたよ、ずっと。

安田美香:はっはっはっ(笑)



伊集院光とらじおと

本日の人気記事