オードリー若林、M-1グランプリ2008で開票前に「ノンスタに負けている」というのは分かっていたと告白「ノンスタのネタ見て、自分で分かるから」

2020年12月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、M-1グランプリ2008で開票前に「ノンスタに負けている」というのは分かっていたと告白していた。

若林正恭:カウス師匠と、大竹まことさんが「オードリー」に入れてさ。あの時、優勝すると思った?

春日俊彰:いや、思ってたよ(笑)

若林正恭:俺は思わなかった。それは、ノンスタのネタ見て、自分で分かるから。「あ、負けてる」っていうのは。だからね、俺は開票の前に分かってた。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:俺たちは勝たないってことが。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:ノンスタの方が強かったから。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:でも、お前は分かんなかったんだよな。

春日俊彰:なんだ、その言い方。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:同じなんだよ、立場的に。分かろうが、分かるまいが負けてんだから。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:このオードリーの中で。

若林正恭:「負けてんじゃないよ」っていうのはあるけどね。

春日俊彰:しょうがないじゃない(笑)



オードリーのANN

本日の人気記事