オードリー若林、M-1グランプリ2008が芸人を続ける上で「本当にギリギリのタイムリミット」であった理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年6月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、M-1グランプリ2008が芸人を続ける上で「本当にギリギリのタイムリミット」であった理由について語っていた。

若林正恭:『あちこちオードリー』でさ、渡辺さんに聞いて興味深かったけどさ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:考えるじゃん。30でM-1だからさ。

春日俊彰:うん、我々はね。

若林正恭:35の時とかさ、まだテレビの仕事なかったらどうしてたとか、たまにこのラジオでも喋るけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「辞めてただろうな」って話になるよね、いつもね。

春日俊彰:まぁそうだね。

若林正恭:春日の親が、30になったら強制的にやめさせるつもりだったんでしょ?

春日俊彰:なんか父親が言ってたけどね。

若林正恭:だからお父さんに申し訳ないことしたよな。

春日俊彰:何が?

若林正恭:お父さんからしたら、「何してくれてるんだよ!」って思っただろうな、M-1見てて。

春日俊彰:いやいや、そうは思わないでしょ(笑)

若林正恭:だって、2月9日がタイムリミットだったわけだろ。春日に引導を渡す。

春日俊彰:まぁね。

若林正恭:30になったら、無理やりやめさせる予定だったんでしょ、両親が。

春日俊彰:まぁ、そんなこと言ってたけどね。

若林正恭:へぇ。それは30までっていうのは言われてはいなかったの?

春日俊彰:言われてはいなかったからね。

若林正恭:知らないタイムリミットだったの?

春日俊彰:設けられてた、勝手にね。

若林正恭:へぇ。

春日俊彰:ギリギリすべりこんだ、みたいな感じですよ。

若林正恭:はい、はい。

オードリー若林、渾身の「ズレ漫才」が誕生するきっかけと意気込み「通用しなかったら死ぬしかない」
「人と違うネタ」ばかりを追い求めていた時期 若林正恭:人と違うことをやらなきゃいけないって思ってるから、ぶつかりあったまま追っかけあって、舞台の下に降りて行って、お客さんの出入りする扉から外に出て行って、恵比寿の路上でタックルして終わ...
麒麟・川島、M-1グランプリ出場を断念した理由にオードリー若林の存在があったと告白「中継で盛り上がってる横を、若林が凄い怖い顔して通ったのよ」
2020年7月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、M-1グランプリ出場を断念した理由に、オードリー若林の存在があったと告白していた。 川島明:オードリーがM-1の敗者復活で...
タイトルとURLをコピーしました