爆笑問題・太田、小松政夫が審査員を務める「NHK新人演芸大賞」が「カラッカラに干されていた」時期からの復帰に大きな弾みとなったと語る

2020年12月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小松政夫が審査員を務める「NHK新人演芸大賞」が「カラッカラに干されていた」時期からの復帰に大きな弾みとなったと語っていた。

太田光:小松政夫さんと言えば、NHKの新人演芸大賞の審査員で。俺らは同時だったんだよね、『GAHAHAキング』で。

田中裕二:はい、はい。

太田光:『GAHAHAキング』の審査委員長は高田先生で。

田中裕二:はい。

太田光:で、NHKの方が小松さんと山藤さんと。うるさ方が本当にもう。

田中裕二:うん。

太田光:で、同時に、俺らが演芸大賞とったのが、『GAHAHA』10週勝ち抜きの3週目受かったぐらいのタイミングなんだよね。

田中裕二:そのぐらいだったのかな。

太田光:だから、本当に同時だったんだよね。それまでカラッカラに干されて、煮干しみたいになってたのが、2つあって。

田中裕二:ええ。

太田光:それがNHK新人演芸大賞を優勝したことが、『GAHAHA』の弾みになったんだよな。

田中裕二:はい、はい。そうです。覚えてます、久本さんが司会で。

太田光:マーシーとね。

田中裕二:あえて言わなかったんだけど(笑)

太田光:本当にね、映像が使えないんですけど。

田中裕二:まぁまぁ、それはしょうがないです(笑)ちょうど、爆笑が4~5週目くらいの時に、「この間、NHK新人演芸大賞もとって」って。

太田光:これが弾みになって。

田中裕二:そう、そう。

太田光:そういう意味で言うと、俺らが本当、復帰する弾みになって。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事