バナナマン日村、アンジャッシュ渡部の不倫謝罪会見よりも小林賢太郎のパフォーマー引退の方が「衝撃だったよ」

2020年12月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 – 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が、アンジャッシュ・渡部建の不倫謝罪会見よりも小林賢太郎のパフォーマー引退の方が「衝撃だったよ」と語っていた。

設楽統:俺の言ってたのは小林賢太郎で。そっち(アンジャッシュ渡部)もそれは大変なことだけど。

日村勇紀:コバケンの方が衝撃だったよ。

設楽統:分かるよ。

日村勇紀:急に言われたから。

設楽統:衝撃だったよね。だって、俺、言っちゃったもんね、日村さんにね。

日村勇紀:そう、そう。

設楽統:ネットニュースみたいなの見てて。楽屋にいた時に、「日村さん、知ってる?」って。

日村勇紀:「なに?」って。

設楽統:「ラーメンズの小林賢太郎が引退だって」って。

日村勇紀:「引退?」って。

設楽統:日村さん知らなくてね。

日村勇紀:俺、知らなかったの。だから多分、ネットニュースですぐ確認できたんだろうね、設楽さんね。俺も結構ネットニュース見る方なんだけど。

設楽統:ちょうどたまたま見てない時で。

日村勇紀:そう。見てなかったんだよね。

設楽統:そう、そう。で、「あれ?」ってね。オークラも同じ仕事で、同じ現場でちょっと後に来て。

放送作家オークラ:はい。

設楽統:で、「知ってる?」ってなって。俺ら、やっぱ昔、若い頃に一緒にやったりしてたから、ちょっと「え?」って感じでね。

日村勇紀:うん。



バナナマンのバナナムーンGOLD

本日の人気記事