伊集院光、R-1ぐらんぷりのエントリールールが変更となり芸歴10年以内でしか出場できないことに驚き「噂は半月前ぐらいに出てたんだけど、公式発表は先週で」

2020年11月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、R-1ぐらんぷりのエントリールールが変更となり芸歴10年以内でしか出場できないことに驚いていた。

伊集院光:ナオ、どうすんの?前に座ってる、一応構成スタッフとしてTBS来る時には、ナオ・メヒア。だけど、芸人としてはナオ・デストラーデ、ピン芸人ね。

で、まぁこの事細かく話してなかったけど、いつ頃?ある日突然、「俺、勝負の年だと思うんです」みたいなことを言い出して。

で、この構成業を抜けたい、と。俺たちの組織を抜けたいっていう。「もう伊集院さんの性具はごめんです」っていう。お笑いをやりたいんです、みたいなことを言い出して。

それで一応、前で…「炭鉱のカナリア」って呼んでんだけれども。ガスの湧いてるところでは鳴き出すこの役柄は、さすがに急にまた変わるってのも大変だから、「じゃあそこやってよ」っていう。

それ以外の、ローションまみれにされるような仕事に関しては、じゃあなしにしましょうっていうので。だから今は、番組の直前ぐらいにきて、終わったら帰ってく、みたいな。それもこれもですよ、「芸人として勝負をかけるんです」みたいな。

「今年のR-1獲るんです」みたいなことを言ってたら、なんと突然、R-1ぐらんぷり、ピン芸人の最高峰を決めるR-1ぐらんぷりの、エントリールールが変わって。突然だよね?突然、ちょっと噂は半月前ぐらいに出てたんだけど、公式発表は先週で。

芸歴10年以内の人しか、R-1エントリーできない。だって、R-1の予選って、12月とかからだよね?その寸前になって、今年からだよ。今年から、10年目以内の人しか出れませんって。

それも、なんかよくある、M-1でよく言う「コンビが変わってるんで」とか。もっと言えば、その辺わりとクタッとしてて、「コンビ名が変わってるんで」とか。そういうのもダメなんだよね、R-1ね。

「コントやってました」とか、「漫才やってました」がピンになって、ピン芸人になってから10年目、とかじゃなくて。一応、お笑いスタートしてから、10年目以内じゃないと出れませんっていう。

どうすんの?だってもう、10年どころじゃないよね、19年とかだよね?どうすんの?甲子園、今年コロナがあったからさ、ちょっと近いのかもしんねぇんだけどさ。甲子園球児が、「夏の予選始まりますよ」っていう寸前に、「ごめんなさい、3年生出れない決まりになりましたので」みたいなことだよね?突然、なんかダメで。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事