ケンドーコバヤシ、M-1が5年間休止していたため「出場資格をコンビ結成15年まで延長」したことに疑問「無茶苦茶やって思わへん?」

2020年11月28日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、M-1グランプリが5年間休止していたため、「出場資格をコンビ結成15年まで延長」したことに疑問を呈していた。

ケンドーコバヤシ:もう、引退されている方やからさ、創始者の方(島田紳助)は。

周平魂:はい。

ケンドーコバヤシ:聞くわけにもいかんわな。「どうしたらいいですか?」って。「やめろ」って言うてくれへんし。

周平魂:多分、「今はもう時代変わったから、15年やな」って言わはる可能性もありますよね。

ケンドーコバヤシ:うん…あんなもん、無茶苦茶なルールやもんな。

周平魂:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:無茶苦茶やって思わへん?「5年休んでたから、15年にします」って。

周平魂:まぁ、そこも無茶苦茶ですね、たしかに(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)いや、それはそういう…「ほんならこの5年間に、10年迎えた俺たちどうなんですか!」って言われても、そんなのなかった時代の人の方が多いんやから。

たかのり:そうですね。

ケンドーコバヤシ:無茶苦茶なルールなのよ、あれ。

たかのり:芸歴でないんで、結成なんで。

ケンドーコバヤシ:ああ、結成。

たかのり:だから、言ったら芸歴いってても、結成が短ければ出れるっていう。



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事