放送作家オークラ、バカリズムは『電波少年』全盛期に芸人デビューするも「一切、時代に迎合することなくネタを作り続けた」と語る

2020年11月25日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、放送作家のオークラが、バカリズムは『電波少年』全盛期に芸人デビューするも「一切、時代に迎合することなくネタを作り続けた」と語っていた。

オークラ:1995年ってまさしく『電波少年』とか。

佐久間宣行:ああ、そうだね。ドキュメントバラエティが始まって、大ブームの頃だね。

オークラ:そうです。しかも『電波少年』って、今考えたら恐ろしいシステムですけど、T部長が行くじゃないですか。

佐久間宣行:うん。

オークラ:「あなた、テレビ出たいですか?」ってまさに言うじゃないですか。

佐久間宣行:うん、うん。

オークラ:「テレビ出たいんだったら、これやってください」って、なかなかの番組じゃないですか、今考えたら(笑)

佐久間宣行:そう、そう。今考えるとね。

オークラ:はい(笑)

佐久間宣行:でも、『電波少年』の影響下にある、藤井健太郎君っていう『水曜日のダウンタウン』作ってる人とかって、やっぱり『電波少年』好きだもんね。

オークラ:いや、好きだと思いますね。もちろん面白かったですし、凄い憧れてたんですけど、芸人っていうのは、テレビマンにイジられるもんだって構図があったじゃないですか。

佐久間宣行:うん、うん、そうだね。

オークラ:その時に、僕もバナナマンもバカリズムもそうなんですけど、そこに反して、『ごっつええ感じ』とかに影響を受けているような、「ネタをやることが素晴らしい」と思ってたんで、なかなかそういう人たちに認めてもらえなかったんですよ。

佐久間宣行:うん、うん。分かる。

オークラ:「テレビを否定してるんでしょ?」って言われたこともあって。

佐久間宣行:凄いざっくり言うと、「可愛げがない」ってことなんだよね。

オークラ:そうですね(笑)

佐久間宣行:一時期、やっぱテレビで売れるためには、「可愛げが必要」って言われてた時期、あったもんね。

オークラ:そこにみんな迎合していったのに、バカリズムは一切、迎合してないんですよ。

佐久間宣行:見たことない。升野さんが、なにかで折れたところは見たことがない。

オークラ:そうなんですよ(笑)

佐久間宣行:出会ってから今まで、一度も折れたところを見たことないです(笑)

オークラ:しかもだからこそ売れない…売れないって言い方はアレですけど、もちろんライブシーンでは評価されましたけど。

佐久間宣行:もちろん、力量に見合った売れ方はしてないけど。

オークラ:うん。

佐久間宣行:正直だけど、そういう気がないんだろうなって思ってたもんね。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事